さーて。息抜きすっか。


by Atopos1

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

反G路線の行方

今日は元弓道部仲間のみゆっきーと、ドームにて巨人vsヤクルト戦を観戦してきました。

ペナントレース再開初日、しかも首位攻防をめぐる熱い一戦!

そして、今日の試合内容によっちゃあ、私の「アンチ・巨人」路線が「親・巨人」路線に転換する可能性もあるという、大変重要な意味を持つ一戦(来春からの身の振りを見据えて・笑)。

というわけで、ビールを片手に楽しんできました。

e0092446_1393335.jpg

(ドームは初めて行ったけど、TVで見るよりも意外に狭く感じた。)

e0092446_1582276.jpg

(あの有名な「闘魂こめて」の応援時。熱い外野席の見事なチームプレー、何故か笑える。。何故でしょう。)

試合は巨人優勢のまま最終回まで進み、ストレスも無く非常に気持ち良く観れました。笑
今や大人気の坂本はスタンドの期待と大声援に応えてバンバン打つし、イ・スンヨプと小笠原はホームラン打つし、ヤワラちゃんの旦那・谷は代打で出るし、期待の新人・大田はサードで初登場するし・・・と、かなり見所盛りだくさんでした。とりあえず、見たいと思っていた人は全員出た!チームも勝利したし!
e0092446_212484.jpg
(9回表、大田の名前が掲示板に登場し、スタンドも大盛り上がり!)
e0092446_2101620.jpg
(勝利した直後のオレンジタオル振り。ブンブン回すのが慣例らしい。)

そしていつも気になるファウル球。
「ココまではさすがに届かねーだろ!」と油断しきっていたら、9回の最後の最後、飛んできたファウル球に当たりそうになりました。意外に伸びがある!笑
隣の隣の人がキャッチに失敗し、結局私の後ろの席の人がボールをゲット。
ソフト部主将だった私は、硬球にビビリまくってあっさりよけました。。
次回からは、ちゃんとグローブ持っていこ!!


e0092446_218794.jpg

試合後のヒーローインタビューは、お目当ての一人・坂本!
e0092446_2175738.jpg

ミーハーにも、しっかり写真撮ってきました。笑
やはり女という女が彼を応援していたけど、今日の彼は活躍しきりでかっこよかったです。


愛社精神を養う一環として応援グッズも購入したので、今後いつでもドームに通えます。
さて、このままあっさり親・巨人になれるか?!
[PR]
by Atopos1 | 2009-06-27 02:33 | イベント

歌舞伎とサシ飲み

e0092446_214534.jpg

今日は歌舞伎座で「六月大歌舞伎」を観てきました。
しかも、一等席¥16000のチケットを、¥1000で教授から譲り受けて。
棚ぼた、ってこういうことをいうんだろうなぁ・・・と、座席で弁当を食べながらぼんやり考えた。完全に平和ぼけしている。

しかも、片岡仁左衛門がとある役を一世一代で勤めるということで、今後もう見られることはないであろう彼の若衆姿をしかと眼に焼き付けてきました。あぁラッキーラッキー。
「最後」という形容詞が付くとやたら人は有り難がるもんですが、自分もその中の立派な一員のようです。笑

11時から16時までぶっ通しで4本観て、外に出るとまだ陽射しが強い。
時間もたっぷりあったので、そのまま暫く銀座付近の裏通りをぶらぶら。
最近「カフェ」より「喫茶店」が気になり出したので、とある喫茶店に入るも、分煙がきっちりなされておらず早目の退散。
やはり何と言われようと、非喫煙者にはスタバの手厳しい「喫煙者完全シャットアウト」式が有り難いのです。
しかしこの壁を乗り越えなくては、立派な茶店通にはなれまい。まだまだひよっこです。

一杯¥580のコーヒーばかりをハシゴしていては懐に宜しくないので、大学の図書館に避難。
久々に学部向け開架をブラブラしたり、院生室で読書をしたりしながら時間を潰し、頃合を見て町田へ移動。

知り合って早5年、恐らく初めて鹿さんとサシ飲みしました!遅い!笑
その割には「今日飲も!」的な素晴らしいノリで。いいねこういうの。当日呼び出し好きです。しかも、大抵難なく時間合わせられます。(暇人ならではの特技・笑)
いやー楽しかった!またよろしく(>鹿さん)!


あー今日2時間しか寝てないから疲れたわ・・・
もう寝るっ!おやすみなさい。


皆様、良い週末を。
[PR]
by Atopos1 | 2009-06-20 02:59 | イベント

耳のないウサギ

今日は、東京国立近代美術館フィルムセンターで開催中の 「EU Film Days」 に行って来ました。

e0092446_210494.jpg

お目当ては、ドイツ映画 『KEINOHRHASEN』(カイン・オーア・ハーゼン)。
「耳のないウサギ」という題名は、劇中登場する耳のないウサギのぬいぐるみから。

しっかし、近年のドイツ映画の動向から、重い、あるいは多少なりとも社会的・哲学的なものかと勝手に思っていたのですが・・・

思いっきり、下ネタ祭り。笑

監督があのティル・シュヴァイガーだっただけに、ショックが・・・

ま、一応ラブコメなんですけどね!
ドイツでも、流行ったらしいですけどね!

あ、卑猥なドイツ語に興味のある方にはオススメです!
私も大分ボキャブラリー増えました。笑


でも、普段俳優やってる監督のユーモアセンスが垣間見れて面白かったです。
上映中も、皆思わず噴出し、爆笑し・・・。なかなか一体感のある鑑賞でした。


それにしても、驚いたのは人の多さ!このイベント自体マイナーなのかな?と侮っていたのは完全なる間違いでした。やはり知ってる人は知ってるのね~。
30分前に行ったにもかかわらず、もんのすごい行列で、入場できないかと思った・・・(-_-;
後ろのドイツ人カポーも 「Lange Schlange...(ランゲ・シュランゲ=「(直訳)長い蛇」=「すげー行列・・・」)」と目を剥いてました。


ドイツ映画のほかにも、日本ではなかなか公開されないEU加盟国の映画が、一般500円、学生300円で観れるので、興味のある方は是非!20日まで開催中です。


[PR]
by Atopos1 | 2009-06-07 20:52 | 映画