さーて。息抜きすっか。


by Atopos1

<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

鬼更新!!!

はい、皆さん、今まで更新したとこチェックしてますか~?
ハンガリーの美味しい話②から一気に⑤まで来ましたよ~。
(あの、特にmixiからの更新リンクで来てる方、いちいち過去の記事に戻るの面倒だと思うので、右タスクバー「カテゴリ」の「全体」をクリックしてください。スクロールのみで過去記事に戻れます。)

さて、今回は再び家庭料理シリーズ。


ぺーさんちはたまに甘い食事もします。
例えば、パラチンタ(ハンガリー風クレープ)。
私は筋金入りの甘党なので、こんなの全く問題ありません!

ある日こんな面白いパスタ料理をご馳走になりました。
e0092446_3162946.jpg

とってもシンプルですね!単色!笑
これはおやつのようなもので、茹でたリボンパスタを、ドイツでいうクヴァーク(カッテージチーズみたいなもの)で和えたものです。

上の図は、プレーンなタイプ。
このままでもいけますが、さらに味に甘み、変化が欲しい場合は、シナモンシュガーをふりかけます。
e0092446_3202865.jpg


パスタの食感とシナモンシュガーの甘み、クヴァークの酸味ともったり感が絡み合い、なかなか美味しいです。
パスタ=しょっぱい、という固定観念があるために、一口目は結構ショックですが。笑
食べてるうちにはまる!

これなら日本でも簡単に作れるね~。
シナモンシュガー万歳。
[PR]
by Atopos1 | 2008-11-29 03:26 | 食べ物
前回魚の話が出てきたので、また魚ネタで。

ブダペスト旅行初日、人の入りがいいからという安易な理由で(笑)立ち寄った店が、見事大正解!
そこでも私は魚料理を頼んだのでした(やはり、肉食過多により^^;)。

e0092446_2383230.jpg


これはスズキと野菜のグリル、ミルフィーユ風。
ミルフィーユのように魚とクラッカーと野菜が重なっております。非常に食いづらいです。
味は最高だった~。わりとまったりとしたクリーム系のソースがかかってるんだけど、淡白な白身魚と相性抜群!野菜もジューシーで、じゃがいも以外の野菜を食べる機会が無かった私は、ほんと感動したよ!

ちなみに、連日の肉食にもかかわらず、ぺーさんはこんなにがっつりとした肉肉しいものをご注文なさってました・・・
e0092446_2473691.jpg

骨まで付いてんぜ!さすがだな。

一皿食べたら腹がはち切れそうでした。

ネタとしてはビミョーですが・・・
[PR]
by Atopos1 | 2008-11-29 03:05 | 食べ物
さ、サクサクいきましょ。

前回のグヤーシュに続き、家庭料理シリーズ。

ぺーさんのお母さんは、私がしばらく滞在するにあたり、食の面でも色々気を遣ってくれたのですが、一番気にしていたのがやはり肉食中心の食生活。

海の国、お魚の国日本からやってきた私には、毎日肉はきつかろう!
たまには魚も食べたかろう!
だが、日本娘、かなり魚にうるさいに違いない!

・・・と思っていたようです^^;笑

ある週末のお昼、呼ばれて下に下りてみると、なんとも美味しそうな魚料理がテーブルの上に並んでました。

e0092446_1534747.jpg


こんがり焼けたマス!付け合せは勿論、じゃがいもです。笑
別になんとも思ってませんでしたが、やはりしばらく肉が続いていたので、久々の魚はありがたかった~。

日本では大抵煮魚か焼き魚ですが、これは揚げ魚と焼き魚の中心くらい。
細かいパン粉と香辛料を合わせた衣を魚全体にまぶし、オーブンでじっくり焼いたそうです。
もちろん、香辛料の中にはパプリカも入りますよ~。
パプリカといったらハンガリー、ハンガリーといったらパプリカ!と言うくらい、ハンガリー料理には絶対欠かせないスパイスです。
川魚の臭み、見た目からの想像の油っぽさは全然無く、カリカリふっくらでとても美味しかった^^
色も、美味しそうでしょ?

ハンガリーでマスは一番よく食べられる魚です。
マスのスープもあります。
[PR]
by Atopos1 | 2008-11-29 02:14 | 食べ物
また唐突に再開。笑

そして、こっからは短く、どんどんいきます。
頑張ってついてきてね。


ハンガリーの名物といったら、やはり「グヤーシュ(Gulyás)」。
ドイツでは「グラーシュ」と言ったりもしますが、このスープ、ドイツでも大人気。
大学のドイツ語コミュニケーション初級のテキストでも、メンザ(学食)の回で
「今日はグラーシュがあるわよ!」という台詞が出てくるくらい、メジャーな食べ物。

本場のが食べたい~~!

と思っていたら、ぺーさんのお母さんが作ってくれました。

e0092446_139167.jpg


グヤーシュはちょっと酸味のあるビーフシチューのようなもの。
具は牛肉、玉葱、パプリカ、トマト、じゃがいもなどなど。詳しいことは分かりません、食べる係だったので。笑

かつて瞬君から「ペーさん母のグヤーシュは絶品だよ!」と聞いていたので、すっごく楽しみにしていましたが、ほんと、絶品・・・(T_T)
うーんやはりハンガリー料理って絶対日本人好みの味付けだよなぁ。
まじ旨しでした。また食べたひ・・・

皆様、ハンガリーに行ったら是非!
[PR]
by Atopos1 | 2008-11-29 01:55 | 食べ物

うっかり

今日はたまたま院ゼミ休講の日だったので、急用の入ったバイト仲間のシフトを譲り受け、朝からバイト。
今年は他にやるべきことがあるので、バイトは一ヶ月に2,3回しか入ってません。

で、どっか抜けてたのか、数年ぶり、というか、恐らく初めて財布家に忘れた。笑
幸い、私のバイト先は隣の駅前、家から自転車で12,3分のところにあるから、お昼休みに取りに戻れたけど。
「お昼とって!」と言われた1分後、店を飛び出し、激チャ。
日頃ジムのバイクで鍛えていた甲斐がありました。笑

しかし皮肉なことに、昨日ジムに行った時に使ったバックパックの中に財布をいれっぱにしてて、今朝別の鞄で準備したときそれに気付かず、そのまま出勤してしまったというね・・・
完全に朝は頭が働いていないようです。反省。


最近、体内リズムが面白いことになってきました。
国内時差ボケに加え、眠れる週とそうでない週が、交互にやってきます。笑
先週は寝ても寝ても寝たりず、下手すりゃ20時間くらい平気で寝続けられたんですが、今週は寝ようと思っても全く眠れず。
徹夜明けでも、眠れず。ジムで思いっきり肉体を疲労させても、眠れず。
寝付くまで2時間かかって、1時間寝て、目が覚めて、また1時間ごろごろうとうとして、起きて、活動開始・・・みたいな。
進化かなぁ?それとも退化?
ついに、夢の寝溜めができるようになったかしら?
ってか、なってみると、あまり嬉しくないっすね^^;

寝れない生活をすると、寝つきがよいってのは幸せなことだったんだなぁ、と実感します。
コンスタントな睡眠が、一番!
[PR]
by Atopos1 | 2008-11-20 00:32 | その他
今日は、旅行中から延ばし延ばしになってた、食べ物の話を。


ハンガリーには、美味しい食べ物が沢山ありました!
その中でも、一番インパクトの強かったのが、冷たい果物のスープ。

去年たしかキリンの「世界のキッチンシリーズ」で、このハンガリーの果物スープが取り上げられて、商品化されてたと思うけど。そういう前知識があったので、「本場のはどうなんだ?!」と渡欧前からかなーり気になっていたんですよね。
「いつ食べれるのかな~??」と、ブダペスト旅行中も結構メニューで探してたんですが、その出会いは、まさに突然・・・


ブダペスト旅行中は、朝・昼はかなーり適当に済ませてたので(スナック系で済ませたり、酷い時はチョコだけとか。笑)、夜だけはちゃんとしたレストランで、食事はスープからデザートまで、飲み物はワインから食後のアルコール、コーヒーまで、一通り楽しむ!ということにしていました。
で、2日目に入ったレストラン。もちろん私、ハンガリー語は読めても理解できずなので、オーダーは全部ぺーさんに任せてました。いわゆる、「出たとこ勝負!」。笑
そんでまず、スープが出てきまして。見た目、淡緑色。
「冷製スープだよ」と言われたので、なんか緑の野菜のスープかな、と思ったのね。ほうれん草とか、豆とか。

しかーし!一口飲んだら・・・



・・・甘い!!!Σ(゜_゜) ←いや、まじでこういう顔してたと思う。。




思いっきりしょっぱい味を想像してたので、そのショックといったら。。しかも、空腹時に。笑
あまりにショックで、「いや、これ、なに?間違ってない??」とぺーさんに確認。(←失礼)
「え、間違ってないよ~。これは果物のスープっすね」
と言われ、愕然・・・
だって・・・味的には断然デザート向き・・・

とりあえず気を落ち着けて(笑)、何スープか改めて確認したところ、洋ナシのスープだったそうです。
言われてみれば、納得、ちゃんと味わえる。

もしかして、味音痴?と言われるかもしれませんが、思いっきりポタージュ系を想像してた脳みそに、フルーツ味は反則です!
細かい味だのなんだのは吹っ飛んで、とりあえず、「これ、違う!!」しか判別できず・・・^^;


まぁ、最初のパンチはかなり強烈でしたが、正体がわかったら美味しく楽しめました。笑
洋ナシスープ、匂いもすごく爽やかで、あの独特の舌触り、ツブツブ感もしっかり残ってました。
食前のスープとしてはまだまだ抵抗ありますが、味はなかなか美味です。


ハンガリーでは、夏の暑い日によく果物のスープを飲むんだそうです。
外で畑仕事をする旦那さんに、奥さんが砂糖と牛乳、フルーツをたっぷり入れてこのスープを作り、休憩中に差し入れるのが伝統的な家庭での飲み方だとか。
牛乳、砂糖、フルーツたっぷりのスープは、夏バテ気味で食欲が無い時でも飲めるし、栄養も満点!というわけで、ハンガリーの夏場には欠かせない飲み物のようです。


ブダペストから帰ると、ぺーさんのお母さんも得意の果物スープを作ってくれました。
一番メジャーな、「さくらんぼの冷たいスープ」。
e0092446_012740.jpg

我々も、瓶詰めのさくらんぼの種を取り、半分に割り・・・ちゃんとお手伝いしました。
牛乳の他にも、ココナッツミルクも入ってたのかな?ミルク系のまったりした甘みのなかに、さくらんぼの酸味・食感があって、このコンビネーションがやみつき。そしてそして、ヨーロッパではよく登場する香辛料、クローブやシナモンなんかも入っていて、ちょっとスパイシー。
いろんな味が混ざり合っていて、本当に美味しい!

ハンガリーに行ったら、是非一度お試しあれ。

ちなみに、「さくらんぼの冷たいスープ」は、ハンガリー語で「gyümölcs leves(デュメルチ・レヴェシュ)」と言います。

ハンガリー語の正しい発音は残念ながら日本語では書き表せません。
検索すると、「ジュモルチ・レヴェシュ」でも引っかかるかもしれません。
が、私的には「デュメ(モェ)ルチ」のほうがより近いような気がします。
[PR]
by Atopos1 | 2008-11-19 00:02 | 食べ物

断頭台の上から・・・

無事、生還しましたぁ!!!笑

いやーどんだけ恐ろしいことになるか・・・とびびりまくり、夜も寝付けず、結局一睡もせずに徹夜で初学会に臨んだわけですが、なんとか無事乗り切りました!

思ったより内輪な雰囲気で、わりと発表しやすかったです。
下馬評通り、しっかり時間オーバーもしましたが^^;
ま、とりあえず喋りたいことは喋ったので満足!
いや~これでようやく心安らかにいい夢が見れそうです。

それにしても、学会の恐ろしさを知ったのは学会終了後。
複数の発表者が次々と体調を崩し(ってか皆体調不良を押して発表に臨んだわけだけど)、風邪および発熱の症状を訴え、早退・・・
あるいは、緊張のため寝付けず徹夜した組は、懇親会でやけに酒が速く回り・・・^^;
早々に着席+ジュースという、なんとも情けない姿をさらしてきました。笑
恐るべし史学会!!


あ、そうそう、カトリック系大学で救いの手は差し伸べられたかどうか、についてですが、

見事!!メシア・I担当教授により、ワタクシ救済されました。
大御所教授のきわどい質問でぐぅの音も出ず困っているところ、まるで福音のような清らかなお声が響き渡り・・・
なんか、代わりに答えてくれた!神!!笑

私今日から某N教とI教掛け持ちして、多神教徒になります!!N総統閣下、ごめんね。。



いや~それにしても、徹夜+40分しゃべくりまくり+寒いところに長時間居たことが重なって、見事なカマ声。。
[PR]
by Atopos1 | 2008-11-16 22:14 | イベント

初学会

今日は上智大学の史学大会があります。
去年までは、お手伝い+雑務でよかったんだけど、今年は自分が発表する側に・・・

そう、初学会デビューです・・・

ぐあぁぁぁ胃が痛い~
論点ぐらぐらなのにトリはいやだぁ~
逃げたひ~


泣いてもわめいても、終わるまでは解放されないので、もうここはいっちょ逝ってきます(←あ、久しぶりに使った!)

でもまじで、あれは見せしめの公開処刑同然なので、断頭台に上がるくらいの覚悟ですっ!!
あわよくば、神の御慈悲で救われたい・・・みたいな。
さぁカトリック系の大学でこのような御慈悲は垂れられるのでしょうか!?すべては、今日明らかになります・・・

とりあえず、T先生に参考文献のところで鉄槌を下されないように、チェックだけはもう一回しとかんと。。


「ぎんぢょーずる~~~~(*_*;)」
とぺーさんにいったら、お慰みにこんなものくれました。

e0092446_223330.jpg



い、癒される。。こんな群れに囲まれたい・・・
[PR]
by Atopos1 | 2008-11-16 02:24 | イベント

冷え性の味方

最近ぐっと寒くなりましたね~。
ワンルーム、間仕切り無しタイプ、寒いっす・・・(_ _;)
玄関と窓から、冷気が~。。実家の厳重な二重サッシが恋しい・・・。何故東京には無いのかしら。不満~。

ワタクシ、常に手足が冷えてるのが普通なので、今までなんとも思ってませんでしたが、人生24年目にして、これは末端冷え性っつーもんではないかと。若干いぶかしんできたわけでございます。(←遅い!!)
お風呂上りでもすぐ足冷たくなるし、酷い時は足冷たくて寝れないしね・・・


というわけで!今日から助っ人を雇いました。
無印からお越しの、湯たんぽちゃんです。
e0092446_23334897.jpg


・・・なんか、バーバモジャに見えなくもない・・・(-_-)

でもねー手触りはすごくいいのよ~
ふわふわの、もっさもさ。そして、温かい・・・(´Д`*)
可愛がってやります♡

暖房付けずに、どこまでいけるか。
エコ、とまででかいこと言わないけど、昔の知恵に頼るのもなかなかいいかなぁ、と思って。
日本の昔の生活の知恵って、意外に今でも十分通用するもの沢山有るような気がする。

ちなみに、湯たんぽは岩手にいる時、よくおじいちゃんが私の分まで用意してくれてました。
夜、寝る時間になるとそーっと部屋に来て、「はい・・・」みたいな!オジイチャン・・・(;_;)


人にも環境にも優しいのよ、湯たんぽちゃん。
なにより半永久的に持つし、安い!!
皆さんも是非お試しあれ~。
[PR]
by Atopos1 | 2008-11-10 23:42 | その他
さて。今日は、ブダペスト旅行の時に「面白い!」と思った話をば。

私たちはリーズナブルに電車でブダペスト往復したわけですが、国境を越えると色々面白いことがありました。

まず車輌。
スロヴァキアの車内って、こんな感じ。
e0092446_1573839.jpg

日本でもこういうのはまだどっかにあるよね。ボックスタイプのシート。
あっちの人は体もデカイからか、シートも特大でした。笑

で、こっちがハンガリー。
e0092446_2191333.jpg

一部しか映ってないのでかなりご想像に難いかもしれませんが、ハンガリーの車輌は、コンパートメントタイプ!おお、これに長年憧れていたのだよ・・・
私はこの旅で初めて乗りました。ベンチシートだし、個室だし、なかなか良かった。

ただ、面白かったのは座席の上についてる座席番号プレート。
ハンガリー、やる気がないのか、狙ってるのか、まったく座席番号がシステマティックな並びではなく、「ランダムかっ?!」と思うくらい自由奔放に番号が割り振られてました。笑
「68」の向かいに「67」、ほう、ここまでは合ってる、と思って「68」の隣を見ると、「62」、そしてその向かいは「65」・・・

・・・??

なぜ??

頭の中に、たくさん「?」が浮かびました。。

ハンガリー人に優秀な人材が多いのは分かるけれども(ノーベル賞受賞者多かったり)、その思考回路が謎です・・・
我々の数歩先を行っているのか、はたまた社会主義時代の「テキトーな感じ」が残っているのか・・・

うーむ。ハンガリーって奥が深いわい。



車輌が違えば、車掌も違う。

スロヴァキア → 爽やかな軍卒風のお兄ちゃん。短髪、長身、細身。業務テキパキ。
ハンガリー → 愉快そうな、人の良さそうなおっちゃん(笑)。頭やや光、中背、ぽっちゃり。行ったり来たり、質問するとたちまちお喋り。

ハンガリーって温かいよ。笑


そして、ハンガリー人を見て気付いたこと。

中年ハンガリー男性の口元には、素敵なカイゼル髭がある!笑

ペーさんに聞くと、「ハンガリー人に髭がないのは、日本人が米を食べないのと同じだ!」だそうで・・・
つまり、無くてはならないもの、らしいです。。ほんまかいな。
かくいうぺーさんも、将来的には漱石さんのようなヒゲが欲しいらしいです・・・戦慄。
[PR]
by Atopos1 | 2008-11-07 02:10 | お散歩・旅行