さーて。息抜きすっか。


by Atopos1

<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

父帰る。そして満腹。

ぐおー。お腹がぐるぢい・・・

行ってきましたよ!Rheingau@四谷
(→成り行きは昨日の記事参照。)

すごーい分かりづらい所にあった。。奥まってた。。

優柔不断で何の料理にするか選べなかった私たちは、結局コース料理を頼みました。
帰りの新幹線まであまり時間が無いにもかかわらず、コース料理、というある意味賭けに出た父・・・


見事に帰りの新幹線逃しましたー♪


指定席だったのにね。ま、いいんだ平日だから。ちゃんと別の便に変更できたでしょう。

帰りの新幹線とドイツ料理を秤に掛けると、ドイツ料理が勝つようです。皆様。


今日はせっかくなので、アルコール解禁してドイツビールを飲んできましたよー^^
もう、すいすいだったぜ☆ 笑

前菜では季節の野菜シュパーゲル(白アスパラ)をいただきました。
今週で終わりのメニューだったらしく、シェフが特別にコースの中に入れてくれたみたい。
ありがたや。
e0092446_238326.jpg

甘くて美味しかったっす♡

その後黒パン食べて、グラーシュズッペ食べて(本来はハンガリー料理のはずだが。笑)、
メインに突入。

一皿目。
e0092446_2312776.jpg

金目鯛のポアレ。
美味しゅうございました。

二皿目。
e0092446_23151833.jpg

どーん。牛フィレ肉のステーキ・ラインガウ風。
お、重い・・・ 二皿目にこれは・・・
でも「ラインガウ」って、店の名前付けられちゃぁ食わないわけにはいくめぇ。

旨い  がしかし、く、苦しい・・・

分かる?この、目は食べろって言うのに入っていかない辛さ。
2皿目と一緒にサラダも出てきたんですが、しばし黙殺。笑
最近の不規則な食生活で小さくなった胃袋にビールで水っ腹ってのが効きました。。

いやー、たらふく食べた後駅までシャカシャカ歩きましたわ。
その後シャカシャカ自転車こいで。
でもまだ苦しい・・・ちょう腹持ちいいよ。。

この「ラインガウ」、店の雰囲気と料理はとても良いと思います!
コース料理には登場しなかったけど、ドイツ料理定番のヴルスト(ソーセージ)系、イェーガーシュニッツェル、アイスバインにシュバインハクセ、クネーデルズッペ・・・などなどメニューが充実!
ワインもビールも種類豊富だから、大人数で行っても楽しいと思うよ~^^
次回一緒に行ってくれる人募集中なり。


いやーそれにしても、この2日間で父とは久々に色々話しました。
家ではそういう機会もあまり無いので。

何故ならば、
マシンガンのようによく喋る祖母+口を挟ませない母+女系家庭であるが故に余計目立つ男性陣の慎ましさ・・・

お父さん、お疲れ様です。お盆にお目に掛かるまでお元気で・・・笑
[PR]
by Atopos1 | 2007-06-26 23:35 | 食べ物

父帰る。もとい来る。

今日、地元から父が上京しました。

・・・と書くと何か青い感じがするねぇ。笑

いや、ただ単に出張で東京に来ただけです。。

宿泊場所が麹町で大学から激近だったので、夕方四ツ谷で落ち合って一緒にご飯食べてきました。

「単に出張」とは言え、私の父は仕事柄滅多に出張というものをしない人なので、こういう風に仕事のついでに2人で会うのは何だか不思議な感じがします。
いつもは私的用事で来るので、片側をガッチリ母が固めていますし。笑

ちょうノープランで行ったので、あっちをウロウロ、こっちをウロウロして、
雨が降ってきたからここでいいか、って感じでお店に入ったのですが。
各国のワインをもっぱら売りにしていた店であったにも関わらず、
アルコールNG体質の親子、思いっきりソフトドリンクで。むしろお茶で!
雰囲気たっぷりだったのに、すんません。
あの、店員の、突き刺すような視線が忘れられない・・・

食事中、
「そういえばこの近くに、N先生推薦のドイツ料理屋さんがあるんだよ」
って話したら、父が非常に行きたそう+たいそう残念そうな顔をしておったので、
明日も待ち合わせて、今度はそこに行くことにしました。
うきうきしてる父・・・笑

前から気になっていたそのお店。
図らずも、共に乗り込んでくれる相手が出来ました。しかも、払ってくれる相手。笑
久々にドイツ料理をご馳走になってきます♪
[PR]
by Atopos1 | 2007-06-26 01:17 | その他

あぁ何故に。

時間が無い無いと言いつつも、ついやってしまう文庫本優先読み。
息抜きのつもりが、こっちに本腰入れてしまっている。本末転倒。

最近は太宰治を何冊か読んでました。
『走れメロス』を中学の時にちらっと読んで以来、頭の片隅にぽつんと取り残されていた太宰さん。
暗い!というイメージがあってなかなか読むに至らず。
あれからもう数年・・・

先月GWで実家に帰省した際に、ついでに青森にも足を伸ばしてきたのですが、
その時立ち寄ったのが太宰治記念館。
e0092446_2202666.jpg

e0092446_2204297.jpg

彼の代表作品にちなんで、別名『斜陽館』と言うそうです。
国の重要文化財にも指定されているこの建物は、太宰の実際の生家である「津島家」。
因みにこの津島家は、現在の青森県五所川原市(旧北津軽郡金木町)にあります。

生家の中も見学したのですが、ちょう広くてモダンでした。
和洋折衷のあの独特の感じ。
この家は太宰の父・源右衛門(婿養子で津島家の当主となった)が、自分の実家の間取りに似せて作ったのだそうです。
住み慣れた家の間取りが一番落ち着きますもんね。分かるわその気持ち。

まぁ太宰に言わせれば、「ただ無駄に広いだけの家」だったようですが^^;

ともあれ、記念館では色々な物を見たわけです。
太宰が愛用していた着物やマントだとか、井伏鱒二との往復書簡だとか、当時の写真だとか。
で、それらをはるかに凌ぐほどのスペースに陳列されていたのが、太宰の著作コレクション。
日本語版は勿論、英語版、フランス語版、ドイツ語版、はてはハンガリー語版までありました。

そんで、こんなに多くの言語に訳されているのに、しかもお隣の県出身なのに、
有名な著作の一冊も読んでないのは恥ずかしい!
とゆーことで彼の作品を読むに至ったのであります。

読んでみたら、意外とユーモアがある書き方をする人でした。
めちゃくちゃ暗い文体かと思ってたけど。そうでもないみたい。
わりと淡白な言葉遣いで、読んでて消化不良は起こしません。

e0092446_22442465.jpg





    
  『津軽』
  太宰 治






独断と偏見で、オススメは『津軽』です。
青森についてよくご存知の方、津軽方面に足を運んだ事がある方は、あれこれ自分の頭の中の地図やイメージと照らし合わせて楽しめるかと。
そうでない方は、津軽人気質や北東北・蝦夷地の劣等感と言うものをひしひしと感じ取ってください。笑
「田舎」「僻地」というものに対する自虐的な記述もままあるものの、読んだ後は何故だか無性に田舎の実家に帰りたくなります。

それから、これを読んだら太宰という人間がちょっとだけ理解できるかも。
エッセイでもない、小説でもないという曖昧な位置付けが、太宰の素の部分を垣間見せている気がします。


あ、また優先順位間違った・・・^^;
息抜きおーわりっ。
[PR]
by Atopos1 | 2007-06-22 22:35 |

ヨミ違い

スタバで抹茶フラペチーノに小豆をトッピングしたら、ストローに小豆が詰まって全く吸えなかった工藤です。
フラペチーノがやたら美味しい季節になりました。
皆様如何お過ごしですか?


毎週火曜は、他研究科の授業を取っています。
そうしないと、単位が足りないんです・・・涙
今年からカリキュラムが変わったお蔭で、修士1年生は多大な労力と時間を無駄に費やしているのです。よよよ。

そんな訳で、今年はグローバル・スタディーズ研究科ってとこの「現代ヨーロッパ」という授業を履修しています。扱うテーマは主にEUの統合。
通年で時間がタップリあるので、結構ギッチリやられます・・・(--;

私は今日発表担当でした。
ほんとは余裕のよっちゃんで(←死語)、レジュメもプレゼンの確認も週末に終わってる予定だったのですが、テキスト、意外に長くて。。 英語、出来なくて。。笑
そして、門外漢だからよー分からなくて。一発で頭に入ってこないんですわ・・・
色々ネットで調べたり、本漁って拾い読みとかしてる内に

夜が明けた・・・ 笑

何とかレジュメを作り終え、目をやたらギラギラさせて授業に行ったら

今日は
先生が
やたら
話してて
発表まで
いかなかっ     た。。。

うおーーーー!!!!そーきたか!!!!
せっかく頑張ったのにぃ!!
何も無理してやるこたぁなかったじゃないか。
寝ときゃよかった!

結局発表は再来週にずれ込んでしまいました。。
それまで内容ちゃんと覚えてられるかしら??

明日は中世史だぃ。予習しなきゃ。
あ、中世史の課題提出まであと一ヶ月しかないや。。やらなきゃ。。
あ、木曜のゼミは本丸ごと一冊が範囲なんだった。。読まなきゃ。。
あ、木曜のもう一個のゼミは次回どかーんと進むんだった。。訳さなきゃ。。
あ、金曜の鍋ゼミも範囲広いんだった。。手付け始めなきゃ。。
そしてまだカウツキー読み終わってない。先生ごめんなさい。

寝溜めしてぇ・・・
もしくはコピーロボット欲しい。

e0092446_23161517.jpg

パーマンものび太くんも愛用しています。
[PR]
by Atopos1 | 2007-06-19 23:06 | ゼミ

あっつー。

梅雨は何処へ・・・

涼しくなることを期待して、暑さよりは雨の方がいいか、などと覚悟まで決めていたのに。。
ここ数日、毎日30℃越えで暑くてかなわねぃ!

目覚めは良くないし、勉強にも集中できないし、外に出る気は失せるし。
夏って奴は・・・

早く冬にならないかな~。ちょう待ち遠しい。


・・・と夏を疎ましいものに仕立て上げておきながら、さっき夏野菜レッドカレーを食べました。。背信行為。

しかしその際、熱々の水茄子で舌をしこたまやけど。
夏って奴は・・・ 笑
[PR]
by Atopos1 | 2007-06-17 20:50 | その他

憑神

e0092446_0432348.jpg


        
       『憑神』
       浅田 次郎





久々に現代作家の作品を読んでみました。
店頭で山積みになってる所から、一冊お買い上げ。
「映画化」の帯に弱いんです(笑)。そして公開前に読みきりたいという性質。

うーん現代作家の作品も面白いね!
今まで浅田次郎ってあまり読んでこなかったけど。
ぐいぐいストーリーに引き込まれてしまって、半日で読み終わりました。

何と言うか、小気味良いテンポと語り口で進むのがいい。
幕末の雰囲気もとてもよく描写されているし、ユーモアも交えてあって、とても読みやすかったです。
そして面白いだけではなく、すごくいいことが作中に描かれているのね!
『限りある命を惜しむのではなく、限りある命だからこそ輝かすことができる』
んだってさ!
ほぉ~。物も取り様、何だか前向きにさせてくれます。
この他にも色々人情味の溢れるいい話が出てくるよ。色々考えさせられました。

最近、海外作品をお堅い日本語に翻訳した物ばかり読んでいたので、日本人作家が日本語で書いている本はなんだか温かみがあると言うか、読んでいて苦にならないと言うか。
純粋に「読書」という行為を楽しめた気がします。
やはり微妙なニュアンスを伝えるには、間に翻訳という工程を挟まないのが一番なのかしら。
そういえば大学の教授陣も、「翻訳者の意図が入り込んでしまうから、なるべく名著はオリジナルの物を自分でもう一度精読すること」なんて言っていたなぁ。。。
↑多分無理。

いやはや、やるべきことをそっちのけにして読書に耽ってしまいましたが、良い息抜きになりました。
現代文学ブームが私の中で起こりそうです。

幕末萌え、武士道萌えする人は、楽しめること必至の一冊。笑
映画も観たくなりました。(→公式HPはコチラ。)
[PR]
by Atopos1 | 2007-06-13 01:19 |

夏の欧州

素晴らしいね。
輝く太陽、燃える緑。

最近室内にばかりいるせいか、無性に自然に触れたくてしょうがない。
なら外に出ろって感じなんだけど、ついつい夜更かし+睡眠を優先してしまいがち。

この前四ツ谷~新宿周辺をぷらぷらお散歩したけど、小一時間歩いただけで汗だくでした。。
恐るべし運動不足。

今日は合同月例会があって大学へ。ローマ人とおトイレの面白い話を聞いてきました。笑
その後M1の人達とお茶して韓国料理食べて。ちょう満足。旨かったっす!
次回の焼肉大会、楽しみにしてます☆

帰ってきてたまたまテレビつけたら、黒柳徹子と一緒にチェコが映ってた。
あぁ。たまんね~。懐かし~。
「あ、ここ行った!」「これ見た!」ってのが結構あって、一人で盛り上がってました。うら寂しい。また行きたいよ~。

この前行ったのは冬だったし、何の予習も無しだったからなぁ。
じっくり見ると言うよりは、素通りしてしまったところが多々あった気が。勿体無い!

その一例として、どーでもよいと思っていた「Goethe Institut (ゲーテ・インスティトゥート、ドイツ語及びドイツ文化を発信する機関)」のプラハ支部の建物、実はアール・ヌーヴォー建築で結構イケてたらしいです。
寒くて歩き疲れてて、建物の外観まで注意して見てませんでした^^; 笑
海外旅行の際は油断大敵ですな。どこにどんな大物が隠れてるか分かったもんじゃねーや!

ジメジメした夏の日本を飛び出して、カンカン照りクーラー無しの夏の欧州を満喫してみたいもんだ!
来年はお財布と相談かな。
[PR]
by Atopos1 | 2007-06-09 23:25 | その他

週末は満身創痍

なのです。
頭痛、肩凝り、動悸、手汗、貧血気味、精神的ダメージに加え、朝起きられず、夜寝れず。
しまいにゃ左右の瞼が同時に開かない、瞬きスピードが違う・・・といった奇奇怪怪な現象が我が身に起きています。笑

割合授業時間数が少ない週始めに比べ、重要授業が目白押し&予習たっぷりの週後半はやる気と忍耐力と体力の勝負。いわば総力戦・・・^^;
木曜のゼミ連続2つはなかなか比重が重く、金曜の2人キリ鍋ゼミは勿論週最大の山場。

授業の為の予習は然る事ながら、授業自体も結構大変。
とにかくディスカッションが主体なので、有って無いに等しいお粗末な脳味噌を酷使しなければ、全く実の無い空疎な時間になってしまう。
ましてやマンツーマンの鍋ゼミで、先生と渡り合って議論を展開するなんて・・・!
百年はえ~。。笑

先日も「この道の一般常識」と銘打って、社会主義系統の書物精読を
やんわりと 指示されました。

いいですか。「やんわりと」ですよ。鍋谷先生の

お分かりですね?全く柔らかくない(笑)。むしろジワジワチクチクします。涙

そこはかとない恐怖感と強迫観念から、本日図書館から文献借りてきました。
今日からカウツキーが電車内&就寝前のお友達になりそうです。。
イヤだ、こんなインテリヒゲもじゃプチ眼鏡のお友達・・・

他にも読まなきゃならない本が沢山有るのに。
誰だ、院生は暇だって言った奴!!笑

やらなきゃいけないことに時間を割かれて、やりたいことが出来ず非常にもどかしい今日この頃。
でも最近「時間は作るもの」という言葉をどこかで見つけて、ああそうか、と。
結局自分は、時間が無い無いと言いつつ、どこかで甘えていたんだと思います。
これからは無駄な時間を極限までカットしよ。そんで、やらなきゃいけないことを後回しにしないよーにしよ。
(↑って字面にして気合入れないと、つい享楽主義に陥ってしまうのです。。駄目人間。)

さて、ドイツ語読むかー!木曜は徹夜DAYなので、いっちょやったります。
それにしてもこの肩凝りどーにかならんかね・・・
コイツが最近の手汗&動悸の原因だったようです^^;
慢性不健康。笑
[PR]
by Atopos1 | 2007-06-07 23:44 | ゼミ

とーだい

今日初めて、東大@駒場に行ってきました。
というのも、歴研大会というイベントがあったので。

今回はお仕事と見学半々。
院生会で発行している『紀尾井史学』という雑誌を売りつつ、
空いている時間は自分の興味のある講演を聴きに行ったり、会場に出ている書籍販売所を覗きに行ったり。

因みに『紀尾井史学』は、鍋谷先生が院生会の会長だった時に発案されて始まった史学雑誌なんだそうです・・・(出典:本人の口)

ま、なんとゆーかこのイベント・・・

ヲタのにほひがプンプンする人々が集っていました。。
そして私もその一人・・・としていい具合に馴染んでいたに違いない。
これはオイシイのか、どうなんだ、人として?
壮大なテーマです。。

東大駒場のキャンパスは、緑が沢山あって綺麗でした。
唯一つ残念なことに、その自然の多さ故か、カラスの死骸が「ぼとっ」と落ちていました、道端に・・・!
がっでむ。ほんとにびっくりした。。
いやそれにしても、最高学府とゆーだけあって、空気が違った(気がした)。
駅と正門直結してるし。笑
あれなら通学も楽々です。

お仕事終わった後、前々から買わなきゃと思ってた本が20%割引で売っていたので、購入して帰ってきました。
あとは手軽に読めそうな手引書一冊。
締めて7000円のお買い上げ。
安く手に入って何より、だけど本音はもうちょっと安くして欲しい^^;
ハードカバーだから、手元に必読書を揃えるだけでもお金がかかる・・・(涙)
これからもどんどん本棚を充実させなくてはならないので、頭の痛い問題です。
図書券落ちてないかな~。

今度は神保町の古本屋街をぶらぶらしてみよーと思います。
[PR]
by Atopos1 | 2007-06-04 00:31 | イベント

なにがなんだか

最近よく手汗をかきます。
というか、常にかいてます。。

なんなんだ・・・病気か?それとも、ただ部屋の中がむさくるしいだけなのか??

お蔭で、ノートの紙がへにょへにょです。
勉強やる気も削がれるがな。


6月だよ~。うーん。
鬱が直るかと思ったけど、今のところ目立った動き無しです。笑
むしろ、何もせずとも過ぎていく時間に、ちょう焦る。
卒論前の心境みたーい。こわーい。
やらなきゃいけないことばかり山積みになっていくね!!
あぁ、ちょっとずつでも消費しよう。るーてぃーんわーくでもいいや。
知的好奇心様がブルっと身震いしてくれれば良いのだけれどね。
なかなか目覚めてくれません。笑


そして最近肩凝りが酷いので、運動したいなーなんて思っとります。
家で筋トレはしているけれど、地味な動き過ぎて・・・
もっと原っぱを駆け回ったり、大汗びっしょりかいたり系の運動がしたいっす。
ソフトボールとかね。して~。懐かしい~。
高校の時は毎年燃え上がっていたぜ。部活でやってた中学の時よりも。。
運動っていいよね、やってる時は頭空っぽに出来る。
ま、これ以上空っぽにする必要も無いと言えばそれまでですが・・・!


あぁ、まず太陽の下に出なくては。梅雨で太陽がお留守になる前に。
それ以前に、太陽が月と交代する前に。

今日は6時半に起きよう。 ←壮大!笑
[PR]
by Atopos1 | 2007-06-03 03:20 | その他