さーて。息抜きすっか。


by Atopos1

<   2005年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

i-Pod

i-Pod mini を愛用しています。今年の4月頃、MDが壊れたことをきっかけに購入して以来、ずっとお世話になっております。
買った当初はあまり音楽入れないかな~と思って、一番安い4GBを買ったんですけど、それ以後音楽増える増える!!今もう残りが1MBくらいしかありません(涙)
しかも、全部の音楽を i-Pod mini に入れてるわけじゃないんですよ!!PCには iTunesが入ってるんですけど、そこにはすでに8GB分音楽が入ってるんです・・・。ちなみに、これをもっと分かりやすい数に表してみると、1035曲、トータル再生時間 3日(笑)
なので、よく聴く曲を持ち歩くようにしてるんですけど・・・。こんなことになるなら始めから20GBの元祖i-Podを買っておくべきだった!!

さらに先日、YanaのPCからも音楽分けてもらいました。まだ全部 iTune に移してないけど、結構な分量あります・・・。全部一通り聴き終わるのも、いつになるやら!!(笑)でも前から欲しかった音楽いっぱい貰えて嬉しい限りです☆Yana、どうもありがとー!!

お暇な方・・・
[PR]
by Atopos1 | 2005-10-30 03:28 | その他

誰か~

最近、肩凝りがひどくって・・・。もー、私もともと肩凝り体質なんですよ。ちょっとでもPCに向かったり、運動不足だったりすると、すぐ凝っちゃう。

①まず肩が重くなり、②それから頭痛、顔のほてり、目の圧迫感、倦怠感・・・。③末期は呼吸困難(!)呼吸するたび痛むんですよ、肩甲骨付近が(泣)
今は②段階くらいかな。でも②の末期くらい(笑)

高校時代、弓道のために肩を中心として上半身に筋肉をつけたのがそもそもの間違いで・・・。筋肉のおかげで、なで肩みたいになってるんです、私・・・!

そして美容室に行ってマッサージをしてもらうとき、決まって言われるこの台詞。

「・・・・(ふぬぅぅ・・・!ぷはっ・・・)かっっっったいですね・・・!」
・・・お褒めに預かりまして。

「今までのお客様の中でも、5本の指に入ります」
・・・光栄です。

んなわけない!本気で悩んでるんですよ。肩凝りにいい体操とかするんだけど、いまいち効かなくって・・・。奮発してマッサージマシン(チェアーじゃないよ。もっと安い道具ね)でも買おうかと考えてる今日この頃。誰か、肩凝り解消法ご存知でしたらご一報くださいませ。
[PR]
by Atopos1 | 2005-10-27 01:44 | 健康

ドイツ人留学生との集い

昨日の「ドイツ人留学生との集い」、予想以上に人が集まってたね!大教室もいい感じに埋まってさ。最近みんなで集まって、ゆっくりわいわいやれるイベントがなかったから、すっごく楽しかったよ~☆

それにしても、みおちんのスピーチかっこよかった~!!一度もカンペ見ないんですもん。私なんてあの原稿の日本語すら覚えられる気がいたしません(自負。笑)!研究室のほうも相当忙しかったはずなのに、バッチリ両立できててさすがです!!
フンボルトのみんなのオハコも、もちろんサイコーでした。場数踏むたびに貫禄と表現力が増してると感じるのは私だけでしょうか?(笑)ぐんぐん伸びる留学生(日本語、笑センス含む)。スゴイ。

今日爆笑しすぎて、のどが痛いです・・・。幸せな悩みだぜ!

今日の一枚
[PR]
by Atopos1 | 2005-10-26 02:54 | イベント

秋といえば

なんですかねぇ。読書の秋、スポーツの秋、色々あるけど、やっぱり食欲の秋でしょ!!でも、一人暮らしだとなんかそういうのには疎くなっちゃって。実家にいたときは、とうもろこしやら枝豆やら(まぁこれは夏のものなんだけど・・・)、季節のものが豊富に出てきたんだけど、自分一人となると、わざわざ買ったりしなくなっちゃう。今年食べた秋の旬のものといえば、まだ秋刀魚くらいかな?(これも実家に帰ったときだ。笑)

でも、「秋」と聞いて真っ先に思い浮かべるのって、やっぱり。 栗は甘栗とかで年がら年中出回ってるけど、田舎育ちの私としては栗=拾うもの。しかも山で本格的に(笑)秋になると、おじいちゃんが漬物樽(ハンパない大きい)いっぱいに栗を拾ってきたものです・・・!おじいちゃん、どこからそんなに・・・しかも驚かせるために、絶対今までこっそり拾っては溜め溜めしてたでしょっ!(笑)ほら、ニヤニヤしてる。まったく、おちゃめなおじいちゃんです。家では甘栗なんて高度な技はできないので、普通に鍋で煮ます。小ぶりの栗のほうが甘いような気がする。でもね、甘い栗にはが入ってたりするのです・・・!「栗だーー♪」ってテンション上がったままよく確認せずに張り切って食べちゃうと、彼らまで一緒に堪能しちゃいます・・・。

栗の話題、この前のドイツ語会話の授業でも出てきました。ホフマン先生もワンちゃんとのお散歩がてら拾うようです。「車に轢かれるのはもったいない!」んだとか。
甘栗ってなぁに?とのホフマン先生の質問に広辞苑を使ったところ、「甘栗」の下に気になる単語を発見!!
「甘栗の使」
へえぇぇぇぇーー!!?
なにそれ??なんだか崇高な感じがしますねぇ・・・。羽でも生えてそう・・・なんて思いつつ調べてみると、
「大臣の大餐に、甘栗を賜うための勅使。」
・・・・へぇ~。昔は甘栗を持ってくるためだけにわざわざ特使までいたんすね・・・。なんとまぁ結構なご身分じゃないですか!楽っちゃ楽な仕事だな(笑)今でもあるなら就職したいです、甘栗の使。

栗と言えば・・・
[PR]
by Atopos1 | 2005-10-23 01:46 | 食べ物

ゼミ飲み

いや~終わりました、ゼミ飲み!これが意外に楽しかったのなんのって!! 前回のコメントで皆様には多大なご心配をお掛けいたしまして・・・(笑)少人数ということもあって、会話が弾む弾む♪鍋谷先生もゼミと飲みではスイッチお切り替えなさるんですね☆
教授というご身分でありながらお給仕してくれるわ、大学生より楽しんで飲むわ(勝手に人の酒決めて注文するし。しかも全員に焼酎。笑)、みんなのお酒代払ってくれるわ・・・。素敵な一面を発見してしまった・・・。やばいな、このままだとホントにM路線丸出しっぽいぞ!(笑)

ちなみに次回のゼミ飲みは先生のご自宅で開催するそうです(笑)身に余る光栄。そしてちょっと遠い。学前から乗り換え3回って・・・やっぱあんたドSです。でも奥さん(姉さん女房+財布の紐握ってる=かかぁ天下。笑)を拝ませていただくために、はるばる行こうじゃないですかぁ!

なんか悪いイメージばっかり付いてるような気がするので、弁解しておこうか(汗) いや、冗談抜きに、ほんとにいい先生なんですよ。口では厳しいこと言っておきながら、頑張った生徒はちゃ~んと評価してくれるんです。一旦ゼミに入ったら、最後までキッチリ面倒見てくれるってことでも有名ですよ☆とにかく至れり尽くせり、優秀卒論輩出率が高いのも、鍋谷ゼミの特徴です♪うちらの代のゼミは閑散としてますが(笑)、一個上の代は満席!鍋谷信者多し。卒論所属ゼミ希望調査票提出まであと一週間・・・。どうなる、鍋谷ゼミ?!できればマン・ツー・マンは免れたい・・・!次週、乞うご期待。
[PR]
by Atopos1 | 2005-10-20 02:31 | ゼミ

今日は・・・

連続ネタですいません(笑)
今日は、鍋谷ゼミ飲みがあります! 参加人数はおそらく 先生+5人 (6人中、笑)。内輪だな~。もともと人数が少ないんだよねー。ちなみに1ゼミ15人が基本。・・・しかし恐怖ゼミですから、ここ!みんなビビッちゃって・・・しょうがないっすね。
この先生、飲んでもスゴイんです。あぁ~、乗り切れんのだろうか?!みんな、オラに力を!!
[PR]
by Atopos1 | 2005-10-18 01:41 | ゼミ

そういえば・・・

奮闘してるブルガリア語、次回は小テスト→中テストにレベルアップです・・・。ちょっと展開早くないか?!
ちなみに、前回書いた不思議な響きの文は、ブルガリア語で 「ここにパンがあります」 「あそこに角があります」 という意味でした☆

そういえば、外国語の説明が全部ドイツ語でされてる本、他にも持ってました・・・。
これ ↓↓
e0092446_0323799.jpg

e0092446_0331645.jpg

はははは(苦笑)
・・・・・さっぱりわからん。
特にハンガリー語、発音が難しい・・・というか、まず読めない。日本語と同系統の語族なんですけどね。さすが世界最難語。

でも色んな国の言語に触れるのって楽しいですよね☆自己紹介程度でも、できるとなんか嬉しくなる(笑)あ、もちろんたまに岩手弁で喋りまくりたくなるときもありますよ!そんなときは実家に電話して、お母さんと一緒にふざけてわざと大げさな方言で話します(笑)
ある時ふと思ったんだけど、ドイツ語と東北弁の響きってなんか似てるんだよね・・・。親しみを感じる(笑)
[PR]
by Atopos1 | 2005-10-16 01:00 | 語学

Bulgarski

今セメから、新しい言語に挑戦してます・・・

ブルガリア語。

いやー取ったはいいけど、これがなかなか大変で・・・。
ブルガリア語ってキリル文字だから、まず読めん・・・(汗)そしてアルファベットを習う時点で、日本人の予想だにしないことが色々起こるわけですよ!!
例えば・・・

ブルガリア語の 「P」 は 英語でいうと 「R」   
とか、
ブルガリア語の 「D (これは普通に D “ディー” ) は 小文字で書くと 「g」
・・・・なんでー?!

もう頭が固くなりつつある私にとって、混乱極まりなし。
そして、担当教員は 「藤 盛美郎」 先生。芸名じゃないですよ。舞さん曰く、「てんこ盛りの盛に美しい野郎の郎だよ☆」・・・なるほど。
この先生、なかなか厳しくて、毎回単語テストがあるんです。そして初回から筆記体で板書・・・。やるなぁ。

明日も単語テストが・・・!と言いつつ、ブログ書いちゃってます。 
えーと、なになに?

 「てゅっく いーま ぅふリゃぷ」 「たーむ いーま うぁぐぁル」

・・・・??
さーて、勉強勉強・・・。


ちなみに・・・
授業で使うテキスト、日本語が一言も書いてない・・・。

e0092446_054735.jpg


英語すら怪しいのに・・・!

そしてこれはYanaからもらったブルガリア語の会話本でーす。

e0092446_0545848.jpg


これはねぇ、ブルガリア語の説明が全部ドイツ語で書いてあるんだぜっ☆使うのは後どのくらい先だろう??(笑) Yanaの愛情です。Mnogo Blagodaryaaaa!!
[PR]
by Atopos1 | 2005-10-14 01:03 | 語学

ボンベ丼

先日、Yanaに誘われて、L館で夕食をご馳走になりました☆ そのメニューは・・・

ボンベ丼!!

いやーすごい名前っすね(汗)どうやらベルリンの一心にあるメニューらしいのですが、私は残念ながら知らず・・・。

しっかしこのボンベ丼、入ってるものがすごい。
納豆+とろろ+オクラ。
・・・・・いやー全部いっちゃうか??ちょっと欲張りすぎなんじゃないかい??でもYana曰く「最高の組み合わせ☆」・・・ということで、YanaとAnnelieちゃん(以下ネーちゃん)と一緒に初ボンベ丼にチャレンジ♪

まずは授業が先に終わったYanaと一緒にダイエーに買出し。とろろが山芋を摩り下ろしたものとは知らなかったようで、あの見た目にまずビックリ!!毛生えてるし・・・(!)日本人ってホントに何でも食っちゃうよね(笑) 「とろろってどんなもんだと思ってた?」「う~ん、マヨネーズみたいにチューブからニュルッと・・・」・・・残念ながらそんなにお手軽じゃないんだなー。その後無事にネバネバ系を調達、L館へ。

ネーちゃんと合流して、プチDVD鑑賞会をした後、調理開始!とりあえず山芋に免疫のある私がとろろを担当。納豆・オクラはネバネバMeisterのお二人に担当していただきました。すりあがるとろろに歓声、粘り気を増す食材たちになぜか上がるテンション(笑)ネバネバ系の他にも、マグロをプラスしました。そしてついに・・・・・


e0092446_2141363.jpg


できたー!!

いやー、想像通り(笑)ネバってますねー!見てよ、このツヤ。

では早速いただきましょう☆
「いっただっきま~す☆」

e0092446_2192867.jpg


気になるお味は??
・・・・Ganz ganz klebrig! 当たり前か。でも美味しい~☆病み付きになる味です。ベルリンですでに虜だった二人は、「懐かしい~~!!」と感動でした。日本人より日本通な二人。食後はしっかり緑茶をご馳走してくれました♪

簡単なので、ぜひ一度お試しあれ!
[PR]
by Atopos1 | 2005-10-13 02:28 | 食べ物

由来

ここのブログ、「ネマリバ」と名付けました。どういう意味か分かります??実は方言が少し入ってるんです。

私、東北は岩手の北部出身でありまして、方言が公用語の家庭で育ちました(笑)(今は若い人たちは方言話しません。話すのはせいぜいお母さん世代までかな?イントネーションは未だに全世代東北っぽさ丸出し・・・笑。)実家周辺で話されてる方言が何弁というのか良く分からないけれど、分かりやすく以後岩手弁と呼ぶことにします。

岩手では「座る」とか「座って休憩する」ことを「寝まる」と言います。たとえば、お客さんが家に来たとしますよね。そういう時おばあちゃん世代の人は決まって「まんず寝まってくね!(どうぞ、休んでいって下さい)」と言って中に通すんです。(お母さん世代からは「休んでください」と、ちょっと標準語に近づいてくるんだけど・・・。) そういうわけで、「ネマリバ」=「寝まり場」・・・つまり、「ほっと一息つく場所/息抜きの場所」と言う意味をこめてこういう名前にしました。まあこの単語はホントの岩手弁にもないんで、多少造語っぽいですけど(^_^;)ゞ 見に来てくれた人にとっても、ちょっとした息抜きの場になれば嬉しいです。

<今日の岩手弁>  
「まんずねまってくね!」 (=「どうぞ、休んでいって下さい」)

*今後もちょっとずつ方言紹介していきます(笑)
[PR]
by Atopos1 | 2005-10-09 19:04 | 方言