さーて。息抜きすっか。


by Atopos1

カテゴリ:イベント( 86 )

七月大歌舞伎@歌舞伎座

e0092446_54903.jpg

12日、上京していた母と一緒に歌舞伎座の七月大歌舞伎を観て来ました。
今回観たのは昼の部、玉三郎+海老蔵の「義経千本桜」。
封切後最初の週末、しかも人気の俳優が出演するということで、歌舞伎座の前は開演前から大混雑。。
当日券もほぼ完売、幕見席も定員オーバーということで、観れないかも~(涙)とテンション一時下がりましたが、奇跡的に2階の補助席が空いていて滑り込めました^^;

「義経千本桜」の「鳥居前」、「吉野山」、「川連法眼館」を観ましたが、海老蔵、すごかった・・・!
あの海老蔵が舞台に出た瞬間の、客席の驚嘆のため息といったら。笑
ほんっとに舞台栄えする顔で、立ち姿も綺麗なんですよ~。体の細部まで行き届いた繊細な仕草と、表情の豊かさには本当にびっくりしました。(普段はゴシップで賑わせているだけというイメージがあるので^^;笑)
声良し、顔良し、演技良しとはお祖父様譲りですかね。
市川家のお家芸、「睨み」もちゃんと見れました。二階席の後ろからでも目の大きさがはっきり分かるほどです。すごい・・・

「川連法眼館」では「ケレン」と呼ばれる様々な仕掛けを使った演出が見もの。
次から次へ思いがけない所から海老蔵扮する狐が出てくるので目が離せません。欄干の上をささっと走る「欄干渡り」や、天上の穴からするりと出てくる「欄間抜け」、衣装が瞬時に変わる「早替わり」などなど、アクション性が高くて見応え十分です。
そして演目の最後では、目玉の「海老蔵宙吊り狐六法」が!
これは「澤瀉屋(おもだかや)型」の演出で、狐に扮した海老蔵が、ワイヤーで3階席まですいーっと飛んでいくラストシーンです。
残念ながら2階からは最後の引っ込みは見えなかったけど、これは3階席の立ち見のお客さんへのサービスですね。笑
あぁ、海老蔵の狐、可愛かった・・・

というわけで、夜の部の「夜叉ヶ池」、「高野聖」も観たくなりました。
多分、今週末行く・・・!(toriさん、よろしく・笑)
そんで、泉鏡花も読もうと思います。

歌舞伎座初参戦の母も大満足。よかったよかった。
[PR]
by Atopos1 | 2008-07-14 22:30 | イベント

鍋ゼミ飲み

今日は久々に鍋ゼミで集合。
かなーり久々に会う人もいて、懐かしかったです。

今回は趣向を変えて、有楽町のタイ料理店 「ザ・サイアム」 へ。

「タイ政府認可」だけあって、美味しいです、ここ。
トムヤムクンが絶品だった!Monsoon Cafe といい勝負です。 

たらふく食べて、二件目へ移動。
もう鍋ゼミの二次会定番になっている、New Tokyoへ。

ここ、やたらでかい肉メニュー(とんかつ、スペアリブ・・・)がある。。
前回はY本先生のいい食べっぷりを見て興奮したのですが(笑)、今回は見送りでした~。
次回はここで、一次会から肉食い倒れツアーを敢行するらしいです(←総統案)。
というわけで、参加者求ム!!

それからそれから、今日残念ながらご一緒出来なかった鍋ゼミの皆様、日を改めてまた企画しますので、その時は宜しくです!



e0092446_351010.jpg


今日飲んだ青林檎ビール。
結構好きかも。
[PR]
by Atopos1 | 2008-07-06 03:05 | イベント

歌舞伎@渋谷

e0092446_0445271.jpg



観てきました!コクーン歌舞伎 『夏祭浪花鑑』!!!
も~~!!めっちゃぁぁぁよかったぁぁぁぁ!!!
時間を忘れ、我を忘れるくらい、最高に面白かった!!
劇場が小さめなせいか、役者と観客の距離が近く感じられ、一体感を十分に味わうことが出来た。
最高に熱狂した、あっという間の3時間だった・・・




e0092446_1445222.jpg


『夏祭浪花鑑』 は、日本、NY、ヨーロッパ、全ての公演で微妙にアレンジが異なるのが見もの。
特に最後の大捕り物のシーン、背景の壁が外されて舞台が外とつながり、本物のパトカーと警察が登場する「FREEEEEEZE!!!(動くな!!!)」のNY版は有名。
先日のベルリン公演では、演目の最初と最後にドイツ語の台詞が登場したらしい。


そしてこのコクーン歌舞伎。
今回は欧州公演直後ということもあり、ラストシーンがどのように進化したか楽しみにしていた。

大捕り物の幕が始まって、歌舞伎のものとは思えないほどの激しい照明の演出の中、ミニチュアの街並みを使った遠近法による目まぐるしい団七(勘三郎)の逃走劇が繰り広げられる。
笑える要素も随所に散りばめられた、アクロバティックな大立ち回り・・・。もう目が離せない。

e0092446_1575181.jpg


そしていよいよラストシーン(以下ネタバレあり)。






追っ手から逃げる団七と、その逃走を助ける徳兵衛(橋之助)の行く手に、ブロック塀が立ちはだかる。
よく見るとこの塀、カラフルなスプレーで落書きされている。



ん・・・?もしやこれは・・・?!!!



と思い、目線をブロック塀の上方に移動させると、そこには




“TOTAL DEMOKRATIE” の文字。
( Total Demokratie = 「完全なる民主主義」 )




そう、行く手を阻む壁は、なんと ベルリンの壁!!!




その堅固なベルリンの壁を虚しく叩く団七・・・







と思った3秒後、ベルリンの壁、崩壊!!!!  笑


まるでマリオが崩したブロックのように壁はがらがらがっしゃーんと崩れ、西ドイツ(妄想)になだれ込む団七と徳兵衛・・・







とそこに!!!






う~~~~~う~~~~~~





“POLIZEI” と記された、緑&シルバーの見覚えある車体が!!



そう、ドイツ警察!!!


猛スピード&「キキーッッッ!!!」という急ブレーキでぴたりと二人の行く手を塞ぐ。


そこで団七と徳兵衛は御用・・・







ブラボーーーーーヾ(´▽`*)ノシーーーーー!!!






ほんと、まさかベルリン公演の後で、このタイミングで、背景の壁にベルリンの壁を持ってくるとは・・・

そしてパトカーまでドイツ仕様にするとは・・・!!!

しかも、ベルリンの壁、無事崩壊させてるしね!!!


もう、串田監督、最高です。。
さすが、欧州公演、やっただけでは終わらせない。
そこから新たなインスピレーションを得て、しっかり次回の公演に生かしてる。


ベルリンマニアの私にとっては、かなり堪らない、粋な演出でした。

あまりに期待以上のユーモアだったので、思わず先頭切って拍手しちゃったよ。笑


いや~。。。毎日通いたい、コクーン歌舞伎。。


興奮未だ冷めやらず、ぼーっとしちまってます。。
恐るべき、歌舞伎の魔力。



今回の演目、『夏祭浪花鑑』のハイライトをご覧になりたい方は、コチラ




それから今日嬉しいことに、ぺーさんの計らいで、出演者の一人である中村橋弥さんにお会いすることが出来ました。
橋弥さんは中村橋之助さんのお弟子さんで、欧州公演のメンバー。この演目では一人4役をこなしていらっしゃいます。
わざわざ開演前に時間を取ってくれ、自己紹介と二三会話を交わした後、連絡先を交換してくださいました。
ほんの短い時間でしたが、すごく貴重な体験になりました^^
[PR]
by Atopos1 | 2008-06-24 01:55 | イベント

楽しい一時。

今日は東海大学政治経済学部主催の講演会を聴きに、久々に東海大学まで行って来ました。

今回の講演は、ドイツ・メッツラー銀行社長・ゲアハルト・ヴィースホイ(Gerhard Wiesheu)氏による「ヨーロッパ―新たな強き家―」、というヨーロッパの現状についてのものでした。
しかも、全て日本語、通訳無し!

そう、ヴィースホイ氏は日本語ペラペラなのです・・・
なんでも、コメルツ銀行時代、東京支店で10年ほど働いていたらしく。
そして奥様も日本人。大変お美しかった・・・

実は、ヴィースホイ氏は私が学部時代お世話になったN先生のドイツ留学時代からのご友人。
今回の講演会も、N先生のコネによるものだったらしく(笑)、私が参加したのも先生からお誘いのメールを頂いたから。

前哨戦として数日前慶應で講演した時は500人集まったそうですが、さすがに東海は普通の大教室に収まるくらいの人数で済みました^^;

内容は現在のEUの統合問題や経済情勢を交えた、とても興味深いものでした。
運良く昨年一年間、上智の国際関係学科で 「現代ヨーロッパ」 というゼミを取っていたので、今日の話も面白く聴くことが出来ました。
どうせ使わないと思ってても、やはり蓄えた知識を使う機会っていつか訪れるんですね。。
乏しいながらも基礎知識があって良かった^^;

講演会終了後、地下の学食で立食パーティーがあり、N先生にヴィースホイ氏を紹介していただきました!
とても気さくで話しやすく、優しい素敵な方でした。
ドイツと日本の就職事情とか、国際恋愛のコツとか質問してきましたが、大変ためになりました。笑
最後は 「何か聞きたいことがあったら、いつでも連絡してください」 と仰ってくださり・・・感動(T_T)

その後はさらに場所を移動して、二次会にも参加させていただきました。
ヴィースホイ氏夫妻、N先生夫妻、フランス史の先生、N先生ゼミ生などなど集まりましたが、議論がいろんな方向に突っ走ってとても楽しかった!!
久々に色々な立場の人と中身のある会話が出来て、頭に刺激をたくさん貰いました。
やはり自分と違う世界にいる人、世代の違う人と話すのは楽しいなぁ。
またこういう機会ないかしら。
[PR]
by Atopos1 | 2008-06-21 03:07 | イベント

有名人が・・・

今日はバイトしてる不動産会社で年に一度企画している、新入居者歓迎ウェルカム・パーティーの日。
会場が赤坂プリンスホテルだったので、授業終わった後大学からてくてく歩いて行って来ました。
別に新入居者じゃないし、しかもバイトだけど、サクラとして・・・^^;

参加料無料だったので、立川のバイト仲間数名と出席して来ました。
長ーいスピーチやら、物件オーナー紹介やらが終わった後は、会食、豪華景品(最高はグアム・サイパン旅行)が当たるゲーム。

そのゲームの席で、司会の人が会場に座っているある人に指を指した。
その先は・・・

衆議院議員、杉村太蔵。

何故こんなところに?!!議員宿舎、近いから??笑
それまで約一時間、全く気付かれてなかったのに、その後写メで一斉に狙われてました。。


パーティーが終わった後、四ツ谷駅のホームにて、今度はゾマホンを見ました。
というか、同じ乗車口のところに並んでました。笑
今あいのりでノリにノっているゾマホン・・・
実は上智の院生だったらしいです。。

それにしても、四ツ谷の駅にあのベナンの民族衣装でいたら目立つ目立つ。

あー今日は色んな人に遭遇したな。面白かった。


昨日例の如くレポートのためにオールしたからちょー眠い。。。授業中ほとんど意識無かったし。
もう限界なので、寝るっ!!おやすみっ!
[PR]
by Atopos1 | 2008-06-17 23:52 | イベント

ゲルマニア

たいそうな名前である。この居酒屋は。

今日は夏休み中にお手伝いした学会のスタッフ打ち上げがありました。
ドイツ関係の院生・先生方6人で、銀座のドイツ居酒屋「ゲルマニア」に初潜入。

入店した時ちょうどドイツ系(あくまでも。ドイツ民謡ではない。。)の音楽を
なんとアコーディオンで生ライブ中。

賑やかではないか。

とりあえずドイツビールを頼み、乾杯。

腰を落ち着けたところで店内を改めて観察してみると、
あの、なんてーか異様に客の年齢層が高い。。
ってか店員さんもみんなヴェテランである。この道4,50年はいってそーな・・・!

そこで目に留まった看板曰く、

「祝!ゲルマニア52周年!!」


・・・な、なるほど。どーりで。

そして、音楽がやたら大音量である。
隣の人との距離20センチなのに、何故か会話が出来ない。
そして、気が付くと生演奏中のバンドのヴォーカルは日本語で歌っている!何故・・・笑

そして困ったことに、このバンド、シャイな日本人に歌への強制参加を呼びかけるのである。。

「はい、では皆さんグラスを高く掲げて~!高らかに乾杯しましょう!
♪Ein Pro~sit, ein Pro~sit, Gemütlichke~it・・・」


あぁ・・・こんなはずでは。。

「はい、では皆さん次は隣の人と腕を組んでくださ~い!」

幼稚園以来です。
ってか、お願いですから鍋谷先生にまでそんな恥ずかしいこと強要しないで・・・

しかし中には熱狂的な常連さんもいるらしく、いかにも楽しげに、いかにも陽気にこの歌を歌い、音楽に合わせて体を揺らして見せるのである。

それを見て某先生が一言。

「歌声喫茶みたい。」


!!!ま・さ・に!!!

旧制高校出身のノリだったよあれは。
我々はアウェーだったよ。

でも料理は美味しかった。ビールも新鮮だった。ので許す!笑


「ゲルマニア」という、ともすれば過激構想とも取られかねない壮大な名の店で、我々はかやうに楽しい夜を過ごしたのでした。

おまけ
[PR]
by Atopos1 | 2007-11-10 02:42 | イベント

ゼミ合宿いん修善寺

24日から2泊3日で、修善寺のとある怪しい場所でゼミ合宿してきました。
私は学生ヘルパーとして同行しただけですが。

この合宿所(というか貸し別荘付き温泉?)、何故かコンセプトがタイ。。
道端に怪しい組み合わせの像があったり(肌が緑色の仏像と祠と鹿とウサギ。そして崖の上)、
バンガローの玄関にタイ女性の像(しかも同じものが2体・・・)があったり、
ってか内装全部タイだし(いらんとこに金かけとる)、
石鹸までタイのもの。
謎は最後にようやく明かされたけど、いぶかしみすぎて疲れた・・・

でも合宿自体は思っていたよりもずっと楽しく、学部生とも仲良くなれました~^^
2日間他人の発表を聴いて議論し続けるのはなかなかハードだったけど、一日の終わりに開催される濃密トークと酒宴は色々な人の色々な面が見れて楽しかった・・・笑

夕べは皆でBBQ。6時半から酒盛り開始、11時前には大型冷蔵庫に満杯だった酒類を飲みつくしました。。皆若い。
そして夜遅くまでドストエフスキーに熱い男(先生曰く「ネチャーエフ」。笑)の文学談義+ゴッドファーザーと黒澤映画の素晴らしさ+キリスト教談義につき合う。
3時間、「へー」「そうなんだ」の相槌だけで乗り切りました。笑
でも色々なことについて考えている頭の回る人で、話せてよかった。
彼のお蔭でまたドスト熱に火が付きそうだ。

今合宿で学んだこと。
1.人生日々勉強。本を読まずして内容のある議論は出来ない。
2.専門外の分野にも積極的にアプローチしなきゃ。
3.修善寺駅前で1時間半時間を潰すことは不可能である。

12時半集合、11時に現地入りした私は、なーーーーーーーーーーーんもない街並みに途方にくれ、そこで3日間で一番気力体力を消耗しました。。
時間、潰せず。
観光地だからといって、時間を潰す場所が有るとは限らない。これ教訓。
[PR]
by Atopos1 | 2007-09-26 19:59 | イベント

お仕事

今日は東海で開催中のドイツ現代史学会へ。
世話役が鍋谷先生だったので、院生バイトとしてお手伝いしてきました。

久々に朝10時に東海のキャンパスに行き、会場設営やら名札の準備やら雑務をこなし、お昼の12時半から学会終了の18時半まで、のべ6時間、ただひたすら受付の机の前に座っていました。笑

疲れた~~~。暇疲れ^^;?
そして受付の場所、クーラー無しでちょう暑かった・・・

受付の時、名簿には見たことのある教授陣のお名前が沢山。
名札を渡しながら、「あ!この人があの有名な○○先生なのね!」と顔と名前がようやく一致。
今までは有名教授の顔なんて、想像上の世界でしたから^^;

学会後の懇親会では、恥を捨ててお目当ての教授陣にアプローチ。
「先生の論文、読ませていただきました・・・」などと月並みな言葉で会話に挟まる。。
でも皆さんとても親切で、色々アドバイスを下さったり激励して下さったり。
ほんと、今後の励みになりました。

「なんで日本人なのにわざわざドイツ史をやるの?」とか、
「歴史なんて勉強してどーするの?将来役に立たないよ。」
などと、今まで多々冷たい反応を浴びてきましたが、今日なんとなくだけど前向きな答えが出て、ちゃんと自分の勉強にも意義があることに気付かされて、ちょっと安心しました。

ってなわけで、これからもヲタ万歳、現代史万歳でやっていこーと思います。
目からうろこの学会でした。

明日は二日目。集合は9時。東海にその時間は早い・・・
ま、頑張るぞっと。
それが終わったら今度は2泊3日のゼミ合宿だっ!
[PR]
by Atopos1 | 2007-09-23 00:05 | イベント

座禅

今日初体験しました。
死ぬほど体の硬いアタクシが。
股関節よく機能していないアタクシが。

めーっちゃ冷や汗、というか脂汗かいた。。

1クールがそんなに長くなかったから辛うじて助かったものの。
40分とかぶっ続けでやられてたら、完全に逝ってましたわ!

弓道で呼吸や瞑想をしていた甲斐あってか、足の限界に気を遣う以外は割りと楽しめました。
呼吸とか瞑想、終わった後の余韻が気持ちいーんだよね。ぽーっとして。

ぽーっとするといえば、最近綺麗な景色を眺めてぼーっとするのが好き。
年取った証拠かしら。


座禅繋がりで、先週歌舞伎座で「身替座禅」見てきました。
1回目は玉三郎の女形を見てきたんだけど、一幕700~900円という破格の値段に魅せられて、つい、2回目。
カサノヴァの団十郎と、左団次の恐妻っぷりがとても面白かった!
染五郎さんも見ました。
歌舞伎、はまりそう。

座禅は・・・
今のところまだはまらないかな。
[PR]
by Atopos1 | 2007-09-16 00:40 | イベント

とーだい

今日初めて、東大@駒場に行ってきました。
というのも、歴研大会というイベントがあったので。

今回はお仕事と見学半々。
院生会で発行している『紀尾井史学』という雑誌を売りつつ、
空いている時間は自分の興味のある講演を聴きに行ったり、会場に出ている書籍販売所を覗きに行ったり。

因みに『紀尾井史学』は、鍋谷先生が院生会の会長だった時に発案されて始まった史学雑誌なんだそうです・・・(出典:本人の口)

ま、なんとゆーかこのイベント・・・

ヲタのにほひがプンプンする人々が集っていました。。
そして私もその一人・・・としていい具合に馴染んでいたに違いない。
これはオイシイのか、どうなんだ、人として?
壮大なテーマです。。

東大駒場のキャンパスは、緑が沢山あって綺麗でした。
唯一つ残念なことに、その自然の多さ故か、カラスの死骸が「ぼとっ」と落ちていました、道端に・・・!
がっでむ。ほんとにびっくりした。。
いやそれにしても、最高学府とゆーだけあって、空気が違った(気がした)。
駅と正門直結してるし。笑
あれなら通学も楽々です。

お仕事終わった後、前々から買わなきゃと思ってた本が20%割引で売っていたので、購入して帰ってきました。
あとは手軽に読めそうな手引書一冊。
締めて7000円のお買い上げ。
安く手に入って何より、だけど本音はもうちょっと安くして欲しい^^;
ハードカバーだから、手元に必読書を揃えるだけでもお金がかかる・・・(涙)
これからもどんどん本棚を充実させなくてはならないので、頭の痛い問題です。
図書券落ちてないかな~。

今度は神保町の古本屋街をぶらぶらしてみよーと思います。
[PR]
by Atopos1 | 2007-06-04 00:31 | イベント