さーて。息抜きすっか。


by Atopos1

カテゴリ:食べ物( 32 )

チェコカフェと旅話

今日は高校野球班でお世話になった同期のお二方と、ランチ会をしてきました。

前から気になっていた、チェコカフェへようやく連れて行ってもらいましたよ!
(本当に場所が良く分からなくて、字面通り「連れて行ってもらった」 笑)

思っていたより開放感のある清潔な店内で、なんだか民族料理店の香りは微塵もしない・・・
いや民族料理店が開放感が無く不潔というのではないのですが、なんかあるじゃないですか。こぢんまりして、照明暗くて、木目調度品や郷土品が目に付く手作り風の店内・・・みたいな独特の雰囲気。
それをある程度期待していったんですけどね、思った以上にすっきりした雰囲気で、
「あらっ?!」と肩透かしを食らった様な感じだったのです。笑

でも場所が場所(表参道付近)ですから、やはりお洒落ですなぁ!
お料理なんかも、どことなくお上品な感じでしたよ。
前菜からメインまで、チェコの伝統料理が色々選べます。

e0092446_06210.jpg


ちなみに私は、どうしてもクネドリーキ(この白パンのような)が食べたかったので、グラーシュ+クネドリーキにしました。
ビールは、ブドヴァルを。米国バドワイザーの元になったビールですが、比べ物にならないくらいレベルが違うので(言いすぎかしら)、機会があれば飲むことをオススメします!旨いっす。
ちなみに、某酒屋では¥370/0,3ℓ 程度で買えます。今日は¥750払いました。笑
しかしグラーシュは、ドイツにも普通にあり、オーストリアではなぜか名物扱いされ、チェコの郷土料理店のメニューにも一番上に載っている。
でも、これハンガリー名物ですよね?^^;  
オーストリアは君主国時代があるから仕方ないにしても。いやグラーシュは引っ張りだこだね!

そして我々はチェコ料理とチェコビールを楽しみつつ、わいわいと旅話。
なぜか全員チェコ経験済み、というか1名世界一周経験者(!)、1名強行スケジュールの旅プロでですね。
チェコの思い出話から、南米をいかに効率よく巡るか等等、本当にコアな話で相当盛り上がりました。
私は、奥のテーブルに座っていた女性がチラチラ私達の方を物珍しげに眺めるのが気になって仕方が無かったんですけどね!どんだけ普通の人には解しかねる話題だったかってことですよ。いや楽しかった。笑

旅がしたくなりました。
言わずもがな、旅は妄想と現実逃避にもってこいですが、現実逃避願望の高い私にとっては、もはや地図帳だけでもその役割を十分に果たし得るというね。安上がりだぜ!


今度はケーキを食べに行かなくては。
気になっている方、頑張ってお連れします!


【今日のお店】
cafe ano→HP
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-12-7 ワイスワイスビル1階
Tel:03-5467-0861
営業時間:PM12:00―PM15:00 ランチ
       PM15:00―PM18:00 ティータイム
       PM18:00―PM22:00 ディナー
定休日:年中無休(お盆と正月を除く)

[PR]
by Atopos1 | 2009-10-11 00:32 | 食べ物

盛岡冷麺

GW中に撮り溜めた写真を幾つかFacebookにアップしました。
お時間ある方、リンクから飛んでください^^

私は帰省すると必ず、白龍(パイロン)の「じゃじゃ麺」を食べに行きます。(以前書いた食べ方指南の記事はコチラ

先日も食べに行きましたが、今回の連休では、じゃじゃ麺だけでなく冷麺も久々に食べに行ってきましたよ!

e0092446_22472119.jpg

私はいつも「ぴょんぴょん舎」で食べます。今まで食べた冷麺の中では、ここのが一番なかぁ。(あ、ココは焼肉も美味しいですよ!)
本当の元祖は「食道園」なんだけど、そこのは食べたこと無いんですよね~。
岩手の皆さん、どっちが美味しいですかー?

具は店によって違うかもしれませんが、基本的には麺とキムチ(当たり前だ・笑)。
ぴょんぴょん舎の冷麺の辛さには、「別辛」、「中辛」、「特辛」、「激辛」の4種類があります。「別辛」を注文するとキムチが別皿で出てくるので、自分で辛さが調節出来ます。ビビリ症の方にオススメ。笑
ぴょんぴょん舎の場合は、他に胡瓜、西瓜、肉、葱が入ってます。この西瓜の位置づけは、もしかしたら酢豚の中のパイナップル、に近いかも知れない・・・。因みに、この西瓜は夏場の具で、冬場は梨になるようです。
麺は小麦粉と片栗粉から出来ており、かなりのコシ。もはやゴムです。間違っても噛み切ろうなどと考えてはいけません。通ならば、げろ飲みしてのどごしを楽しみましょう(「げろ飲み」って分かる?工藤家用語で、噛まずに飲むっつーこってす・笑)。
あ、あと冷麺はめちゃくちゃ消化早いです。焼肉と一緒に食されることをオススメします。

「ぴょんぴょん舎は・・・」を連発しすぎて、まるで店の回し者のようになってしまいましたが、別にそういう意図はございません^^;
皆様、岩手にお越しの際は、色々なお店をハシゴして自分の好みに合うお店を探してみてくださいねー。


とかなんとか言って、実は銀座にもぴょんぴょん舎あります!笑 (→HP
水は岩手の方が断然いいので、絶対地元で食べた方が美味しいと思うけど、食べたくなったらここに駆け込むことも可能です。

と、結局店の宣伝で終わるというね。
[PR]
by Atopos1 | 2009-05-11 23:17 | 食べ物

救援物資

2月があっという間に去っていった・・・
もう3月ですね!しかも今日ひな祭りの日やーん。

相変わらずESの締め切りと就活に追われ、ストレスフルな日々を過ごしております。。

修論の文献読むのが一向に進まん!!ぎゃー

ベッドの上に行くのが2日に1回ペースになってきました。。
結果寝溜めの傾向、昼夜逆転。。

実家からの電話の対応も大分愚痴っぽく&素っ気無くなってきたらしく、
そんな荒んだ私の心を癒すため、実家から昨日救援物資が届きました!

中身は本当に救援物資らしく、食物。笑
そして最近パン焼き機をついに購入したらしく、自家製(厳密に言えば、働くのはあくまでも機械)のパンが入っとりました!レーズンと胡麻たっぷりのやつ。
余計なものが入ってないからか、はたまた愛情が篭っているからか(ひぃ!)、とっても美味しかったです。
私パン大好きなので。大歓迎ですわ~。

私の家族は、「懐かしいでしょ」と岩手でよく食べてたものとか、「家にお腹空かせて遅く帰ってきても、すぐ食べれるように」と調理の簡単なものとか、「果物なんて自分じゃ買わないだろうから・・・」と果物を大量に送ってくれたりします。ちなみに先日は、受験生のゲン担ぎお菓子が入ってました。「就活生も一応受験でしょ?!」だそうです。笑
何を送ってもらっても、離れて暮らしてるとその心遣いが一番嬉しいね。
心配してくれてるんだなぁって、しみじみ感じます。

頑張らなくては!
[PR]
by Atopos1 | 2009-03-03 23:14 | 食べ物

あ、今日は節分

毎年節分が来ると、なぜか一年前のことを思い出して「去年は~~だったなぁ・・・」と感慨に耽っちゃうのよね。年かしら。

実家大好きな私は、大体節分の日は岩手にいます。春休み中だし。
そんで何も言わなくとも勝手に出てくる海苔巻き(恵方巻きと言うのね)を丸かじりし、食べ終わった後は家族から「あんた今年も帰って来れて、家で一緒に海苔巻き食べれて良かったわねー」という平和なコメントを貰う(笑)。これが毎年の流れ。

でも今年は残念かな、帰れないので東京で一人寂しく電話越しに海苔巻きの感想を聞くことにします(なぜそこまで海苔巻きにこだわる)

海苔巻き海苔巻き書いてたら、本気で今日海苔巻き食べなきゃ気が済まない心境になってきた。
今日は海苔巻きだな。うん、決まり。
[PR]
by Atopos1 | 2009-02-03 03:21 | 食べ物
スロヴァキアのお菓子、私結構好きです。
安くて、ジャンキーで、どこか懐かしい・・・
パッケージデザインも良いし。

というわけで、今日は、スロヴァキア産お菓子でお気に入りのものBEST5を勝手に決定、勝手に紹介します。笑


まず、第5位!
e0092446_1442134.jpg

かわいいネコちゃんに敬意を表して、ランクイン。
これはちょっと硬めのチョコムース、みたいなものです。
でも結構クセがあって、独特の香りと酸味があるんですね~。恐らく好き嫌い分かれます。
私も最初食べた時は、「うーんこれはあまり好きではない・・・(-_-)」とぺーさんに言いました。
そしたらショック受けてました。笑
「小さい頃から食べてるのに!!!この味がいいのに!!!(;_;)」と・・・^^; ごめんよ。。
その時食べたのはバニラ味だったんですが、まだ青いバナナのような匂いと味が。。
しかしその後、この写真のカカオ味を食べて、前言撤回。名誉守りました。笑
カカオは旨しだよ。甘すぎず、舌触りもったーりした感じ。 



第4位!
e0092446_1545848.jpg

SIESTA。
これは見たまんま、チョコがけウエハース。懐かしさから、ランクイン!
上がカカオ、下がバニラです。
スロヴァキアは信じられないくらいこのチョコバーの種類が充実してます。
スーパー行くと、棚にダァーーーーーっと鎮座しております。
これはブダペスト旅行の時、大いに活躍しました。鞄に常備しておき、血糖値を手っ取り早く上げる為に小腹が空いたらバリバリ食うというね。
ちなみに、これはLサイズですが、ブダペストの時はXXLサイズ(笑)を丸かじりしてました。なんて男らしい私たち。。
写真無いので紹介できないけど、サンドしてあるクリームがミント味の、チョコミントバーもあったよ。こりゃー旨かったなぁ。また食べたひ。



では、こっからBEST3!
第3位!
e0092446_225031.jpg

ナイス・ネーミングでランクイン。
その名も、スロヴァキアチップス!!これでハンガリー産だったらどうしよう。
スーパーで見かけた時、あまりの衝撃の強さに、ぺーさんにねだりました。笑
味はサワークリーム&オニオン。袋でかいっす。一袋食べたらカロリー・塩分過多だよ。気をつけてね。
・・・と言いつつ、我らはコイツのお供にコーラをチョイスしました(@PM22:00)。
ハイリスク・ハイリターン。太る太る太る太る
でも、コーラ&チップス&テレビの組み合わせが最高なんだって。



第2位!!
e0092446_2125798.jpg

ミント+チョコという黄金の組み合わせで、ランクイン!
スラヴィア!!
またまた、スラヴ民族の愛国心をちくちく刺激しますね~。これでハンガr(略)
周りがミントキャンディー、中がチョコペーストです。間違いなく旨い~。
チョコミント好きにはたまらないっすなぁ。
途中まで舐めて、柔らかくなったところをバリバリやるのが快感です。笑
これお母さんのお土産にしました。



そして栄えある、第1位!!!
e0092446_22814.jpg

KOFOLA!!!  お菓子じゃなく、飲み物になってしまいましたが。
「コフォラ」、と非常に発音しにくいですが、歴史あるスロヴァキアン・コーラです。
スロヴァキアは旧東欧ブロックに属していた為、ぺーさんが小さい時はコカ・コーラはもちろん、ペプシもありませんでした。
スロヴァキア・オリジナルのコーラとして生まれたのがこのKOFOLA。
東欧ブロックから解放された今でも、何故かスロヴァキアではコカよりもペプシよりも、KOFOLAの人気が圧倒的に強いです。
ぺーさんのお母さんは、「やはり自国のオリジナルのものだからねぇ」と言っていましたが、やはり大国に囲まれたヨーロッパの小さい国だからこそ、自分たちが生み出したものを残したいという思いもあるんでしょうね。

肝心の味ですが、コカやペプシよりも甘さ控えめで、微炭酸、ちょっと酸味が強いかな。
私はKOFOLAかなり好きです。ボトルで送って欲しいくらい。笑



あー今猛烈にこのお菓子たちとKOFOLAが愛おしく、恋しくなってしまったよ・・・
お腹空いた。
[PR]
by Atopos1 | 2008-12-03 03:52 | 食べ物
鬼更新!!!

はい、皆さん、今まで更新したとこチェックしてますか~?
ハンガリーの美味しい話②から一気に⑤まで来ましたよ~。
(あの、特にmixiからの更新リンクで来てる方、いちいち過去の記事に戻るの面倒だと思うので、右タスクバー「カテゴリ」の「全体」をクリックしてください。スクロールのみで過去記事に戻れます。)

さて、今回は再び家庭料理シリーズ。


ぺーさんちはたまに甘い食事もします。
例えば、パラチンタ(ハンガリー風クレープ)。
私は筋金入りの甘党なので、こんなの全く問題ありません!

ある日こんな面白いパスタ料理をご馳走になりました。
e0092446_3162946.jpg

とってもシンプルですね!単色!笑
これはおやつのようなもので、茹でたリボンパスタを、ドイツでいうクヴァーク(カッテージチーズみたいなもの)で和えたものです。

上の図は、プレーンなタイプ。
このままでもいけますが、さらに味に甘み、変化が欲しい場合は、シナモンシュガーをふりかけます。
e0092446_3202865.jpg


パスタの食感とシナモンシュガーの甘み、クヴァークの酸味ともったり感が絡み合い、なかなか美味しいです。
パスタ=しょっぱい、という固定観念があるために、一口目は結構ショックですが。笑
食べてるうちにはまる!

これなら日本でも簡単に作れるね~。
シナモンシュガー万歳。
[PR]
by Atopos1 | 2008-11-29 03:26 | 食べ物
前回魚の話が出てきたので、また魚ネタで。

ブダペスト旅行初日、人の入りがいいからという安易な理由で(笑)立ち寄った店が、見事大正解!
そこでも私は魚料理を頼んだのでした(やはり、肉食過多により^^;)。

e0092446_2383230.jpg


これはスズキと野菜のグリル、ミルフィーユ風。
ミルフィーユのように魚とクラッカーと野菜が重なっております。非常に食いづらいです。
味は最高だった~。わりとまったりとしたクリーム系のソースがかかってるんだけど、淡白な白身魚と相性抜群!野菜もジューシーで、じゃがいも以外の野菜を食べる機会が無かった私は、ほんと感動したよ!

ちなみに、連日の肉食にもかかわらず、ぺーさんはこんなにがっつりとした肉肉しいものをご注文なさってました・・・
e0092446_2473691.jpg

骨まで付いてんぜ!さすがだな。

一皿食べたら腹がはち切れそうでした。

ネタとしてはビミョーですが・・・
[PR]
by Atopos1 | 2008-11-29 03:05 | 食べ物
さ、サクサクいきましょ。

前回のグヤーシュに続き、家庭料理シリーズ。

ぺーさんのお母さんは、私がしばらく滞在するにあたり、食の面でも色々気を遣ってくれたのですが、一番気にしていたのがやはり肉食中心の食生活。

海の国、お魚の国日本からやってきた私には、毎日肉はきつかろう!
たまには魚も食べたかろう!
だが、日本娘、かなり魚にうるさいに違いない!

・・・と思っていたようです^^;笑

ある週末のお昼、呼ばれて下に下りてみると、なんとも美味しそうな魚料理がテーブルの上に並んでました。

e0092446_1534747.jpg


こんがり焼けたマス!付け合せは勿論、じゃがいもです。笑
別になんとも思ってませんでしたが、やはりしばらく肉が続いていたので、久々の魚はありがたかった~。

日本では大抵煮魚か焼き魚ですが、これは揚げ魚と焼き魚の中心くらい。
細かいパン粉と香辛料を合わせた衣を魚全体にまぶし、オーブンでじっくり焼いたそうです。
もちろん、香辛料の中にはパプリカも入りますよ~。
パプリカといったらハンガリー、ハンガリーといったらパプリカ!と言うくらい、ハンガリー料理には絶対欠かせないスパイスです。
川魚の臭み、見た目からの想像の油っぽさは全然無く、カリカリふっくらでとても美味しかった^^
色も、美味しそうでしょ?

ハンガリーでマスは一番よく食べられる魚です。
マスのスープもあります。
[PR]
by Atopos1 | 2008-11-29 02:14 | 食べ物
また唐突に再開。笑

そして、こっからは短く、どんどんいきます。
頑張ってついてきてね。


ハンガリーの名物といったら、やはり「グヤーシュ(Gulyás)」。
ドイツでは「グラーシュ」と言ったりもしますが、このスープ、ドイツでも大人気。
大学のドイツ語コミュニケーション初級のテキストでも、メンザ(学食)の回で
「今日はグラーシュがあるわよ!」という台詞が出てくるくらい、メジャーな食べ物。

本場のが食べたい~~!

と思っていたら、ぺーさんのお母さんが作ってくれました。

e0092446_139167.jpg


グヤーシュはちょっと酸味のあるビーフシチューのようなもの。
具は牛肉、玉葱、パプリカ、トマト、じゃがいもなどなど。詳しいことは分かりません、食べる係だったので。笑

かつて瞬君から「ペーさん母のグヤーシュは絶品だよ!」と聞いていたので、すっごく楽しみにしていましたが、ほんと、絶品・・・(T_T)
うーんやはりハンガリー料理って絶対日本人好みの味付けだよなぁ。
まじ旨しでした。また食べたひ・・・

皆様、ハンガリーに行ったら是非!
[PR]
by Atopos1 | 2008-11-29 01:55 | 食べ物
今日は、旅行中から延ばし延ばしになってた、食べ物の話を。


ハンガリーには、美味しい食べ物が沢山ありました!
その中でも、一番インパクトの強かったのが、冷たい果物のスープ。

去年たしかキリンの「世界のキッチンシリーズ」で、このハンガリーの果物スープが取り上げられて、商品化されてたと思うけど。そういう前知識があったので、「本場のはどうなんだ?!」と渡欧前からかなーり気になっていたんですよね。
「いつ食べれるのかな~??」と、ブダペスト旅行中も結構メニューで探してたんですが、その出会いは、まさに突然・・・


ブダペスト旅行中は、朝・昼はかなーり適当に済ませてたので(スナック系で済ませたり、酷い時はチョコだけとか。笑)、夜だけはちゃんとしたレストランで、食事はスープからデザートまで、飲み物はワインから食後のアルコール、コーヒーまで、一通り楽しむ!ということにしていました。
で、2日目に入ったレストラン。もちろん私、ハンガリー語は読めても理解できずなので、オーダーは全部ぺーさんに任せてました。いわゆる、「出たとこ勝負!」。笑
そんでまず、スープが出てきまして。見た目、淡緑色。
「冷製スープだよ」と言われたので、なんか緑の野菜のスープかな、と思ったのね。ほうれん草とか、豆とか。

しかーし!一口飲んだら・・・



・・・甘い!!!Σ(゜_゜) ←いや、まじでこういう顔してたと思う。。




思いっきりしょっぱい味を想像してたので、そのショックといったら。。しかも、空腹時に。笑
あまりにショックで、「いや、これ、なに?間違ってない??」とぺーさんに確認。(←失礼)
「え、間違ってないよ~。これは果物のスープっすね」
と言われ、愕然・・・
だって・・・味的には断然デザート向き・・・

とりあえず気を落ち着けて(笑)、何スープか改めて確認したところ、洋ナシのスープだったそうです。
言われてみれば、納得、ちゃんと味わえる。

もしかして、味音痴?と言われるかもしれませんが、思いっきりポタージュ系を想像してた脳みそに、フルーツ味は反則です!
細かい味だのなんだのは吹っ飛んで、とりあえず、「これ、違う!!」しか判別できず・・・^^;


まぁ、最初のパンチはかなり強烈でしたが、正体がわかったら美味しく楽しめました。笑
洋ナシスープ、匂いもすごく爽やかで、あの独特の舌触り、ツブツブ感もしっかり残ってました。
食前のスープとしてはまだまだ抵抗ありますが、味はなかなか美味です。


ハンガリーでは、夏の暑い日によく果物のスープを飲むんだそうです。
外で畑仕事をする旦那さんに、奥さんが砂糖と牛乳、フルーツをたっぷり入れてこのスープを作り、休憩中に差し入れるのが伝統的な家庭での飲み方だとか。
牛乳、砂糖、フルーツたっぷりのスープは、夏バテ気味で食欲が無い時でも飲めるし、栄養も満点!というわけで、ハンガリーの夏場には欠かせない飲み物のようです。


ブダペストから帰ると、ぺーさんのお母さんも得意の果物スープを作ってくれました。
一番メジャーな、「さくらんぼの冷たいスープ」。
e0092446_012740.jpg

我々も、瓶詰めのさくらんぼの種を取り、半分に割り・・・ちゃんとお手伝いしました。
牛乳の他にも、ココナッツミルクも入ってたのかな?ミルク系のまったりした甘みのなかに、さくらんぼの酸味・食感があって、このコンビネーションがやみつき。そしてそして、ヨーロッパではよく登場する香辛料、クローブやシナモンなんかも入っていて、ちょっとスパイシー。
いろんな味が混ざり合っていて、本当に美味しい!

ハンガリーに行ったら、是非一度お試しあれ。

ちなみに、「さくらんぼの冷たいスープ」は、ハンガリー語で「gyümölcs leves(デュメルチ・レヴェシュ)」と言います。

ハンガリー語の正しい発音は残念ながら日本語では書き表せません。
検索すると、「ジュモルチ・レヴェシュ」でも引っかかるかもしれません。
が、私的には「デュメ(モェ)ルチ」のほうがより近いような気がします。
[PR]
by Atopos1 | 2008-11-19 00:02 | 食べ物