さーて。息抜きすっか。


by Atopos1

カテゴリ:方言( 5 )

ただいまっ。

正月休みを目一杯地元で過ごし、今日神奈川に帰ってきました。

あ、暖かい・・・!

さすが関東、夜9時を回っても7℃をキープ。
マフラー無しでも全然いける! ←きっと東北から出てきた直後だけだけど・・・
岩手では信じられません。
なんせ、日中でさえここまで気温上がりませんから。。
日が翳ると一気に氷点下だもんね。

あ、因みにこの前の弓道部飲みで話題になったこと。
盛岡市は玉山村を吸収統合したことにより、全国で(本州で?)最も寒い県庁所在地になったそうです・・・

恐るべし、藪川(やぶかわ)の威力!!

標高が高い上に、盆地になっていて冷気が逃げないため
冬場の最高潮の時期は、マイナス24度やそこらを記録しています。

笑。


さて、ではここで久しぶりに岩手弁講座でもやってみるかね。
藪川に行った時、どうリアクションを取るかが今回のテーマです。
尚このテーマ、東北、または冬場のヨーロッパにご旅行の際も使用度が高いですので、張り切って覚えましょう。


場面① 外気温が氷点下だったら
 
      「すンばれるなや!」

ポイント: 普通、「寒い」 は 「しばれる」 といいますが、このまま発音するのは素人です。
       ここではネイティブらしく、「し」 を 「す」 と 発音しましょう(※)。
       この時、アクセントは 「れ」 に置きます。
       「す」 と 「ば」 の間に短い 「ン」 を入れると感情がこもって尚良いでしょう。
      
 ※ 岩手弁では、イ音便は全てウ音便に変化します。



場面② 外気温が氷点下24℃だったら

このような状況下に置かれた場合、大抵の人間は呼吸困難のため、あるいは唇が歯茎にくっつくため(岩手の皆さんは経験ありますね?)無口になりますが、そんなことでは立派な東北人になれません。
いけしゃあしゃあと発言して、力量の差を見せ付けましょう。

このときは①よりも寒さがグレードアップしているため、

     「やいやいや、はっ!!!なンもかンもすンばれるなや!!」

という表現が適当でしょう。

「やいやいや」 は 「あららら・・・」 などといった驚きを表す感嘆詞です。
「はっ」 は 「もう!」や「まぁ!」 などというニュアンスを含む、これまた驚きを表す時に使う感嘆詞のようなものです。
いわば、驚きの強調です。
「なもかも」 は 「とんでもなく」 といった意味合いで使います。
「なんもかんも」 になると強調ですので、さらに 「トンデモナイ加減」 がアップする、と言うわけです。

よってこの一文は標準語にすると
 
「あらまぁ!!!本当にどうしようもないくらい寒いですこと!!」

といった程度のものです。


ポイント: 「やいやいや」 のアクセントは必ず 「や」 に置きましょう。
       さらに、ゆっくり言えば言うほど強調になります。
       「はっ!」 は、直前の 「やいやいや」 よりも高い音程で発音しましょう。
       それにより驚きや軽蔑の念が強調されます。
       「なンもかンも」 の時は、 「なンも」 より 「かンも」 の方を強く発音しましょう。

上級編: 文末「すンばれるなや」の 「や」 は、厳密に言うと標準語の 「や」 の発音とは
      微妙に異なります。
      「ィエ」(このときのエは英語によく登場する[ae]の音です。)と発音すると、かなり
      ネイティブらしくなって良いでしょう。 



いかがでしたか?
これでいざ東北に旅行しても
来年度から極寒の地に配属になっても
シベリアに抑留されても安心ですね!!!


ではここで私の好きなドイツ語の格言をひとつ。

Übung macht den Meister. 
(ゆーぶんぐ・まはと・でん・まいすたー)
「名人も修行次第」


辛くとも、日々訓練。
これが上達への第一歩です。
コツコツ頑張りましょう。



笑。


ではまた!
[PR]
by Atopos1 | 2007-01-09 00:58 | 方言

使える方言②

ヤナのリクエストにお応えいたしまして、今後は方言にも力を入れまーす。

さて、今日も日常生活で使える方言をご紹介しますよ☆

今日のテーマは移動。
「~へ行こう!!」 は岩手弁で 
「~さ あべ!!」 と言います。
(*「~さ」 は方向を表す言葉です。)

では使ってみましょう。

「初詣さ あべ!」 (「初詣に行こう!!」)

【注】この時、素直に 「はつもうで」 と読んではいけません。
   岩手弁らしく 「はンづもうで」 と発音しましょう。

応用編
[PR]
by Atopos1 | 2006-01-08 22:40 | 方言

使える方言

昨日、実家にて地元の方言を取り扱う本を発見いたしました。
辞書のように方言には現代語訳が付いており、活用形や文法説明なども詳しく解説されています(笑)

では本日は、簡単且つ、ついつい食べ過ぎてしまうお正月にぴったりな方言をご紹介いたします。


「お腹が苦しい!!」
というのはこちらの方言で
「腹ちぇ!!」
と言います。

さぁ、応用してみましょう。

「かぁ、け!」  (さぁ、お食べになって!)
「おら はぁ 腹ちぇ」 (私、もうお腹がいっぱいですわ♡)

といった具合ですな。

岩手弁や津軽弁は短くて便利です。面倒臭がりの私にピッタリ☆
[PR]
by Atopos1 | 2006-01-05 00:35 | 方言

岩手弁講座1

最近方言についてめっきり書いてなかったんで、今日は久々に岩手弁講座を開講したいと思います。

とはいえ、何から始めて良いものやら・・・。友達にも「方言で何か喋って!」とよく言われるのですが、急に言われるとパッと思いつきません(笑)

では今日は旬な話題から。
先日実家から荷物が届きました。おばあちゃんがりんごや梨、柿などなど秋の味覚を送ってくれたんです。では、岩手弁でこの状況を説明すると・・・

「ぺぇっこめぇによ、おらぃえがら荷物(ぬもづ)っこぁ届いだっけ、中(なが)さば るんごだの かぎだの のっこるがど へってらっけ。」

・・・お分かりいただけましたか?

まさかね。

では、ヒントを出しますね。

ぺっこ = 少し
おらぃえ = 私の家
~さ = ~に
のっこる(り) = たくさん
へる = 入る
~け。 = ~た。(過去形)

訳せましたか?? 

解答はこちら
[PR]
by Atopos1 | 2005-11-01 02:20 | 方言

由来

ここのブログ、「ネマリバ」と名付けました。どういう意味か分かります??実は方言が少し入ってるんです。

私、東北は岩手の北部出身でありまして、方言が公用語の家庭で育ちました(笑)(今は若い人たちは方言話しません。話すのはせいぜいお母さん世代までかな?イントネーションは未だに全世代東北っぽさ丸出し・・・笑。)実家周辺で話されてる方言が何弁というのか良く分からないけれど、分かりやすく以後岩手弁と呼ぶことにします。

岩手では「座る」とか「座って休憩する」ことを「寝まる」と言います。たとえば、お客さんが家に来たとしますよね。そういう時おばあちゃん世代の人は決まって「まんず寝まってくね!(どうぞ、休んでいって下さい)」と言って中に通すんです。(お母さん世代からは「休んでください」と、ちょっと標準語に近づいてくるんだけど・・・。) そういうわけで、「ネマリバ」=「寝まり場」・・・つまり、「ほっと一息つく場所/息抜きの場所」と言う意味をこめてこういう名前にしました。まあこの単語はホントの岩手弁にもないんで、多少造語っぽいですけど(^_^;)ゞ 見に来てくれた人にとっても、ちょっとした息抜きの場になれば嬉しいです。

<今日の岩手弁>  
「まんずねまってくね!」 (=「どうぞ、休んでいって下さい」)

*今後もちょっとずつ方言紹介していきます(笑)
[PR]
by Atopos1 | 2005-10-09 19:04 | 方言