さーて。息抜きすっか。


by Atopos1

七月大歌舞伎@歌舞伎座②

e0092446_22464790.jpg
昨日も行ってしまいました・・・
歌舞伎座の七月大歌舞伎!

今回は、弓道仲間のtoriさんと弓具屋デートついでに観て来ました。
「ついで」とは言え、大人気で安い席が無かったので、大分奮発しましたが・・・^^;

昨日は夜の部を観ました。演目は、泉鏡花の『夜叉ヶ池』と『高野聖』。
一応予習のために、前もって原作を読んでおいたのですが、これが面白い。
魑魅魍魎の世界というか、なかなかファンタジックです。
台詞回しも独特で、テンポよくすっと読めるのが魅力的でした。

本題のお芝居の方は、新劇ということもあって歌舞伎というよりはなんとなく現代劇という感じ。
古典好きな人にとっては賛否両論あるでしょうが、これはこれで面白かったです^^
ただ一つ残念だったのが、歌舞伎の楽しみの一つである「掛け声」が全く無かったこと。
toriさん共々、「成田屋!」「大和屋!」というおじさんたちの熱~い掛け声を楽しみにしていたので、ちょっと寂しかったです。

でも、美しい春猿と白塗りでない海老蔵、超妖艶な玉三郎が観れたので大満足!
特に『高野聖』での玉三郎はほんっとに綺麗&エロかった~。笑
あんなのに誘惑されたら、たしかに聖職者も俗世への未練出てしまうわ^^;
笑いどころも結構あって、本当に楽しめました。

これで七月大歌舞伎は昼夜制覇したわけですが、八月納涼大歌舞伎もまた魅力的。
勘三郎、勘太郎、七之助、福助、橋之助、三津五郎・・・などなど、豪華キャストがぞくぞくです。
演目も、橋之助親子による『三人連獅子』や、勘三郎の『大江山酒呑童子』、勘太郎の『紅葉狩』、野田版『愛陀姫』などなど、一度は観ておきたいものだらけ。
でも4日からドイツに行くので、残念ながら八月・九月の大歌舞伎は観れそうにありません。涙
だれか代わりに観て感想教えて~。笑

10月からは、経済的に平日の幕見を狙って観に行こうと思います。
早速楽しみ楽しみ。
[PR]
by Atopos1 | 2008-07-20 22:40 | イベント