さーて。息抜きすっか。


by Atopos1

明日はわが身。

今日のゼミの時間、今年修論提出予定の先輩の発表がありました。
「いや、ほんとに大変です・・・」
という先輩方を多少同情の目で見やっていたら、先生から
「一年生の皆さんは明日はわが身ですからね。」
という激励(?)の言葉を頂きました。

あぁ。どんな台詞よりも効果抜群だよ。
「あすはわがみ」、この5文字にどれだけの意味が込められているか。
考えただけでもなんだかそわそわします。
決してトイレを我慢しているわけではありませんが。

考えてみれば、卒論の準備も大体一年前から始めるわけで。
修論は勿論、卒論よりも大変なわけで。
で、今は11月なわけで。
来年度出せるとすれば、あと一年ちょっとしかないわけで。
でもそんなの、無理で。
結果、鬱気味にもなります。


ワハハ ヾ(´∀`)チョットチョット


院で新しい分野に足突っ込んだら、知識ゼロ、単語力ゼロ、加えて邦語文献もほぼゼロ。。
そんなわけでドイツ語のテキストを頼らざるを得ない状態なのですが、その講読も遅遅として進まず、最近かなり自己嫌悪だったんです。
ドイツ語を話したり書いたりする能力と、読む能力にかなりギャップがあるねって身近な人に指摘されたのも結構ショックだったりして。
まー読み書きは日常会話レベル、読解は研究論文レベルだから、それもそうと言えばそうなんだけど。でもほんとーに落ちてた。ドイツ語もう何年やってんだ?って自問したりもした。
岩手帰省が、若干センチメンタルジャーニーになりかけたほどです。
勿論伊代のように「16だから」で済まされるはずもなく。

でもその後色々な人と話す機会があって、ちょっと気持ち的にゆとりが出来ました。
もう自分をあまり悲観しないようにしたいと思います。
進むのが遅くても、まぁ全然何もしないよりはマシって事で・・・(←かなり甘い?!)
そんで、難解な研究論文ばかり読んでいても読解能力が伸びるという訳ではなさそうなので、もっとさらっと読める新聞記事とか雑誌記事なんかを読んで訓練しようかな、と。
語学は筋肉なので、地道にコツコツやりたいと思います。
はい、宣言した。じゃあ真面目にやらないとね。

なんだかんだ言って、一番ぺーさんが支えてくれました。
一緒に悩んでくれたり、メールで励ましてくれたり、解決策を提案してくれたり。
こういう人が身近にいると大変心強い。特に、赤の他人にとっちゃ面倒なだけの話を聞いてくれるのがありがたかった。
「この人には何でも話していいんだ」って人が一人でもいると大分違うんだなぁ、とつくづく実感しました。
あと、自分の存在価値を認めてもらうだけでもかなり楽になることを発見。
(公共広告機構のCMも、半ば間違ってなかったってことね。笑)
いつも茶化してばかりだったけど、実はぺーさんて、器の大きい、懐の深い人だったんです。
彼にはとても感謝してます。


さて、マイペース宣言したはいいけど、明日ゼミ発表だってのにレジュメほぼ白紙なのはさすがにまずいな。笑
早速来たよ、明日はわが身。
オラ、今日て~つやっ。
[PR]
by Atopos1 | 2007-11-14 23:41 | その他