さーて。息抜きすっか。


by Atopos1

ドイツ人とお好み焼き

今日はたいちゃんに誘われて、留学生の寮にお好み焼きを焼きに行ってきました。

「日本の食文化を見せ付けねば!」

と意気込んでいったものの、

「今日寮のキッチンは21時から掃除が入ってるから、無理だよ。」

(T_T)そんな。。。

その頃ドイツ人留学生は、建学祭の屋台の看板作りに勤しんでいる。
もう夜8時半。
もちろんお腹ぺこぺこ。
そういえば、上手くいかない事やちょっとした問題のせいで苛苛してたけど、
皆「今日はお好み焼きが食べられるから♪」と、それだけを楽しみに頑張っていたっけ・・・

中止にしたら我々の命が危ない!!

というわけで、留学生寮のスタッフの力も借りてどーにか予定決行。
キッチンが使えない間、ロビーで準備に取り掛かる。

昼間に前もってたいちゃんが準備しておいてくれた材料を、15~20人分切る。
すごい量。。
キャベツが一山、いや二山。山芋がまるまる一本分。
山芋のせいでゆきなちんとかゆみに苦しみつつ・・・
それにしてもあれほどかゆみの持続性があるとは。恐るべし山芋。

キッチンに移動した時点で既に9時半。
寮を退出せねばならない時間は11時。
片付けも含め、あと1時間半・・・

ぎゃーーーーーーーーーー。

急いで~。

とにかく、焼く・焼く・焼く。
食べる暇無し。
でも、優しいロベルトとアンドレが気を遣って何度も差し入れに来てくれた^^

寮のスタッフはたこ焼き、ドイツ人留学生はカルトッフェル・プッファー(ジャガイモのパンケーキ)を作ってくれました。

お蔭で皆の空腹もしっかり満たされたよう。
「ホントに美味しかった!ありがとう」
と笑顔+お辞儀で言われれば、今までのてんてこ舞いと苦労なんてねぇ!
吹き飛びますわ。

11時きっかりに管理人に怒鳴られ、追い出され。。
片付けが中途半端でスタッフの人に任せてしまったけど、充実した夜でした。

しかし、ダイエーに買出しに行ったり、学内を移動したり。
かなり歩いたな。何だこの疲労感は。
そして手がまだネギ臭い・・・。プーン。

今夜はぐっすり寝れそうです。
おやすみ。
[PR]
by Atopos1 | 2006-10-05 02:22 | イベント