さーて。息抜きすっか。


by Atopos1

All I want for Christmas is...

修論。あるいは、神降臨。

夢も可愛気もなくてすみません。笑

本当に、クリスマスの奇跡を待望する身になりました・・・

朝起きたら、靴下に完成版の修論データ入りUSBが入ってるとか、最高じゃないですか!

仏教徒のくせにとか、固いこと言わないでください。これは立派な「他力本願」です。笑



さて、話は変わりますが、22日に 25歳 になりました!
ついに「四捨五入三十路組」「大体アラサー組」「四半世紀生き延びた組」の仲間入りです。

四半世紀も過ぎてしまった、という焦りも無くはないですが、25歳という区切りの良い年に、新社会人としての新しいスタートを切れることが嬉しいです。気持ち的にスッキリと整理がついたような、「やるぞ!」というような、そんな感じ!
21日にはちょうどゴールド免許も取得したことだし、まじで気分爽快!(安い・笑)
いやはや、これで修論が無事提出できたら、本当に素晴らしい精神の解放感、生の喜びを味わえることと思います。頑張ろう。


そして、わざわざ律儀におめでとうメールを下さった皆様、どうもありがとうございました!
日頃会う機会は少ないのに、今でもこうやって思い出していただけるのは本当にありがたいことです。感謝感謝!


今日明日はクリスマス。皆様も素敵なひと時をお過ごしください☆







<誕生日には、こんなことも>

誕生日当日、甥っ子とも少し電話で話す機会があったのですが。
しばらく取りとめもない話をした後、唐突に

あ!あっちゃん(=私)、お誕生日おめでとう!!

「ありがとう~~!」

で、いくつになったの?ぼくは、3歳なのだ!」(←敬愛するばいきんまん様の影響)



・・・よし、では教えて進ぜよう(どきどき)





25歳になりました!(照)」







(・・・しばし沈黙・・・)








・・・・えぇぇぇ~??!!、ん~~~~、あははは(←ちょー困ってる)、
おおぉぉーきくなったんだねぇ!!!



あ、はぁ・・・ ありがとうございます・・・
お蔭様で、大きく、古くなりました・・・
しかしまさか、キミから親戚のおじさんのような台詞を聞けるとはね!


どうやら、25という数字は、3歳児にとっては想像を絶するほどの大きな数字だったようです・・・

そんなに25は大きい数ではないのよ、人生80年の時代なんだから

どうか甥っ子に早急に正しい数の概念が根付きますように!と、サンタさんにお願いしておきます。
[PR]
by Atopos1 | 2009-12-24 12:48 | その他