さーて。息抜きすっか。


by Atopos1

初顔合わせ

今日は読売の合格証書授与式に出席してきました。
今年の採用試験では例年に比べ志望者が多く、全国(3本社)併せて4300人が受験したそうです!
東京本社の記者職だけでも、1800人。
それでも記者職の同期は25人しかいなかったので、本当に自分は強運に恵まれたなぁ・・・と、改めて天に感謝しきりです。

大手町本社で合格証書授与式を終えた後、上野の国立科学館に移動し、社が主催をしている「大恐竜展」を見学。
幼い頃、確か地元でも「大恐竜展」に足を運んだ覚えがあるのですが、その時のことをふと思い出しました。
あと、「リトルフットの大冒険」っていう昔のアニメ。幼稚園か小1の時に見て、すごい好きだったんだよねー。主題歌も、よかったんだよねー。ダイアナ・ロス。
上のリンクによると、スピルバーグ×ルーカスが絡む作品だったんですね。どおりで、良いわけです。
小2の時は、その書籍版で読書感想文を書き、確か町から賞を貰いました。
あぁ懐かしい。「ジュウレンジャー」の話題を口にした同期もいたし。あぁ懐かしい!


恐竜展の後は、東天紅にて内定者懇親会に出席。

人事部次長の

「ほんっとーに、お前さんたちはね!立派な読売人になった!おめでと~~~!!!」

という、どこかで聞いたことのある、ってか某球団(身内?笑)の監督が言ってたよーな、そんな乾杯の音頭に、皆なぜかテンションが上がる。笑

そしてやはりここはマスコミ、「面白く無いヤツは、内定取り消し!」というハッパかけ(笑)の後、自己紹介を兼ねて「面接では言えなかった、本当の私」というテーマで1分間話すことに。
皆内定を勝ち取るために、面接の際涙ぐましい虚偽記載や虚偽発言をしたようです。笑
(例えば、「体力自信ある?」と聞かれ、「体力しか、自信ありません!!!」と自信満々に答えたにもかかわらず、健康診断の時貧血で倒れたとか。天才。)
皆驚くほどスピーチとオチのセンスが高くて、まるで「すべらない話」でした。あー笑った笑った。


今年の東京本社の内定者は42人。「いいヤツしか取らないよ」との人事の方の言葉通り、皆すごく気さくでノリがよく、話しやすい!記者志望って、切れ者でツンツンしてるイメージがあったので、安心しました~。
これからどんどん仲良くなっていくのが楽しみです^^
[PR]
by Atopos1 | 2009-05-16 02:41 | イベント